現在Windows Update経由で提供している更新プログラムは、公式ドキュメントの説明によると、ビルド22000.xがWindows 11 21H1、ビルド22621.xが22H2である。

2022年9月末時点のWindows 11

Microsoftは先日もリリースプレビューチャネルでWindows 11 ビルド22621.607を配信し、多くのバグ修正と改善に取り組んでいる。

Windows 11に安定性を望む読者諸氏は、Windows Updateによる広範囲展開を待つのが得策ながらも、22H2をいち早く試したいと思うのは人の性(さが)。以下に22H2へのアップグレード方法を紹介する。なお、ISOファイルを使用しているのは、「Windows 11インストールアシスタント」が互換性チェックを強要するなど煩雑な操作が多いからだ。

ダウンロードページにアクセスし、ISOファイルのドロップダウンリストから「Windows 11(multi-edition ISO)」を選択して「ダウンロード」をクリック/タップする

言語選択のドロップダウンリストをクリック/タップで開き、「日本語」→「確認」と順にクリック/タップする

数十秒ほど待つとダウンロードリンクが生成される。あとはボタンをクリック/タップするだけだ

ダウンロードしたISOファイル→「開く」と順にクリック/タップする

エクスプローラーでISOファイルの内容が開いたら、「setup.exe」をダブルクリック/タップし、「次へ」をクリック/タップする

以降のセットアップ手順は割愛するが、一連の準備を終えるとISOファイルから22H2のイメージ展開が始まる

展開中はPCが数回再起動するが、月例更新プログラムを適用している感覚に近いだろう。なお、進捗を示すプログレスインジケーターが22H2用に変化している

初回のサインインは時間を要するが、22H2へ難なく更新できた

今回は仮想マシン上で検証しているため、安定性は不明である。なお、Microsoftの説明どおり、エクスプローラーのタブ機能は無効のままだった。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。 この著者の記事一覧はこちら