会見に臨んだソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

写真拡大

決断は1軍が11連戦を終えた20日「まだ野球が大好き」

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が28日、本拠地PayPayドーム内で会見を行い、今季限りでの退団と来季以降の現役続行の意向を表明した。集まった多くの報道陣の前で「福岡ソフトバンクホークスのユニホームを着てプレーするのは今シーズン限りとなりました。現役続行を希望して退団することをここにご報告させていただきます」と語った。

 異例の“前倒し”での退団発表となった。9月7日に球団から来季の戦力構想から外れてたことを通達された松田。翌8日に、藤本博史監督と話し合いの場を持ち「モヤモヤした気持ちであったりとか、中途半端な気持ちで1軍で戦うっていうのは、やっぱりチームメートに対して迷惑かかるんじゃないか」と出場選手登録を抹消となった。

「引退するか退団するか選択するので、考えさせていただく時間をいただきました」。その後、ファームで若手に混ざって練習したことで気持ちは固まっていった。「気づいたことはまだ野球が大好きで、変わらず元気、野球を自分から止めるという決断には至らなかった」。球団に現役続行と退団の意向を伝え、柳田悠岐外野手、中村晃外野手、今宮健太内野手の3人にも「おらんくなってから引っ張ってもらわないといけない」と考えて「やんわりと」伝えたという。

 1軍が11連戦を終えた20日に退団しての現役続行を決断。家族にも伝え、進退を相談した妻からは「まだまだ野球が好きな内はとことん野球をしてください」と背中を押されたという。本来であれば、第1次の戦力外通告期間はレギュラーシーズン終了後となるが、松田の「最後の姿を見せることなくホークスのユニホームを脱いでしまう、これだけはやめたいなという思いがあった」という希望をくみ、球団、NPB、選手会が動き、このシーズン終了前の退団発表が可能になった。

 今後はNPBの他球団からオファーを待つ。トライアウトを受ける考えもなく「本当に今日からのスタートだと思いますので、チャンスを与えてくださる球団があれば、そこで大好きな野球をとことんやる。ただそれだけです。2軍に落ちてからしっかり練習もできましたし、試合にも出ましたし、体も痛いこともないし、元気な姿っていうのを見せられましたので、とにかくしっかり待とうかなと思っています」とアピールした。

 10月1日にタマスタ筑後で行われるウエスタン・リーグの中日戦が、ソフトバンクのユニホームを着る最後の機会になる。「いつも通り元気出して、今まで通り先頭で声出してただやる。それが自分がずっと17年間ここで教わってきたことなので、これまで教わってきたことをずっとやるだけです。ホークスは人生そのものです」。チームを支えてきた松田宣浩が、17年間着てきたホークスのユニホームを脱ぐ。(Full-Count編集部)