テレビマンが明かす「実はスタッフ受けがいいタレント」ベスト3

写真拡大 (全3枚)

お茶の間では好感度の高いタレントが、実は裏では、スタッフの失敗を根に持ってずっとネチネチ文句を言ったり、不機嫌になって無視したりすることがある。また、かわいいキャラで売っているあるタレントは、楽屋へ打ち合わせに行っても、終始無表情で、目も合わせない。そんな表と裏がある芸能人に辟易する中、実は世間の思うイメージとは違って、スタッフウケがいいタレントもいる。

★去り際が神対応のタレント
まず1人目はゆきぽよ(25)。知人男性がゆきぽよの自宅で薬物を使用し逮捕されたことから、好感度はダダ下がり。去年は嫌いな芸能人の2位にランクインしていたが、実は…現場ではスタッフウケがいい。しかも、その理由は去り際にあるという。

「収録中、タレントの手元にはスタジオ台本があります。収録が終わるとスタッフが台本を回収するのですが、ゆきぽよさんの台本にはいつも『スタッフさんへ』というメッセージが書かれているんです。内容は『今日は楽しかったです』といった感想や『こんなことを勉強してきますね』という次回への意気込みと、『ありがとうございました』という感謝の言葉ですね。短い文章なんですが、筆圧の高いギャル文字で一生懸命に書いてくれているのを見ると、すごくあたたかい気持ちになります」(キー局ディレクター)

ゆきぽよの手書きメッセージは、スタッフのグループラインで共有されることもあるという。

「会えばみんな好きになる」と言われているのが、「握手会の釣り師」なる異名を持つ『SKE48』の須田亜香里(30)だ。

テレビマンたちの証言を聞こう。

「会議で『メチャクチャかわいいわけじゃないよね?』『なぜあんなにキャスティングされているのかわからない』なんて失礼なことを言っていたスタッフですら、実際に会うと百パーセント、変節します。須田さんって、近い距離でずっと目を見て話してくれるんですよ。あれで皆、やられちゃう(笑)。しかも、須田さんはメイクするより、すっぴんのほうがかわいいんですよ。それもキュンポイントですね」(キー局AD)

「番組の演出で、須田さんに自撮りでビデオメッセージを撮ってもらいたいという時があるのですが、一言くださいと言うと、自分で構成を考えて、一言を遥かに上回る、面白い自撮りコメントを送ってくれるのですごく助かっています」(制作会社スタッフ)

須田亜香里は握手会に来る人だけでなく、スタッフも釣り上げていたのだ。

3人目は元『モーニング娘。』の辻希美(35)だ。辻といえば『ミニモニ。』でのかわいい印象、本名である「杉浦」という漢字が書けない……などの「おバカ」エピソードが思い出されるが、芸能プロ幹部は「テレビのイメージに騙されてはいけない」と否定する。

「実際に辻さんと仕事をしてみると、ビックリするくらい仕事をテキパキこなす、デキ女だってことがわかりますよ。家事や育児をしながら、YouTubeの編集もして、テレビやラジオにも出演するなんて、バカで要領が悪いとできないですよ。それでいて疲れた顔ひとつしないですから、プロ中のプロだと思いますね。顔はかわいらしいけど性格はサバサバしているから、同性スタッフも仕事がしやすいと言っていますよ」

才能があるのに、テレビで長く活躍できないタレントはゴマンといる。才能より、キャスティング会議での「〇〇さんとこの前お仕事一緒にしたんですけど、お仕事すごくしやすかったですよ」というスタッフの“魔法の一言”のほうが出演オファーに結びつきやすいことに気づいた者が勝つのだ。

取材・文:愛田プリン
15年以上、ラジオとテレビの世界を漂流している放送作家