2022年8月31日に、合計5129個のレゴ®ブロックを組み合わせてハリー・ポッターの名シーンを再現できるキット「ホグワーツ特急 コレクターズエディション」が登場しました。そんな「ホグワーツ特急 コレクターズエディション」が編集部にやってきたので、機関車の作成や線路&炭水車の作成、客車の作成に続いて、キングス・クロス駅の「9と4分の3番線」のプラットフォームを組み立ててみます。

ホグワーツ特急™−コレクターズエディション 76405 | ハリー・ポッター™ |レゴ®ストア公式オンラインショップJPで購入

https://www.lego.com/ja-jp/product/hogwarts-express-collectors-edition-76405

「ホグワーツ特急 コレクターズエディション」は「機関車」「炭水車」「客車」「駅のホーム」を作成して、ミニフィギュアや小物を配置することでハリー・ポッターシリーズのホグワーツ特急が登場するシーンを再現できるキットです。キットには5129個のブロックが含まれており、4冊の手順書に従って各部品を組み立てられます。1〜3冊目の手順書を参考にホグワーツ特急の車両を作る様子は、以下の3本の記事で確認できます。

レゴブロックでハリポタの「ホグワーツ特急」を完全再現できる「ホグワーツ特急 コレクターズエディション」で車輪付きの機関車を組み立ててみた - GIGAZINE

「ディメンターに襲われるハリーたち」などの名シーンを再現可能なレゴキット「ホグワーツ特急 コレクターズエディション」で石炭たっぷりの炭水車を作ってみた - GIGAZINE

ハリーとハーマイオニーの出会いやルーピン先生VSディメンターなどハリポタの名シーンをレゴ ブロックセット「ホグワーツ特急 コレクターズエディション」で完全再現してみた - GIGAZINE

今回は、4冊目の手順書を参考に、キングス・クロス駅の「9と4分の3番線」のホームを組み立ててみます。

ホームの組み立てに使うブロックはこんな感じ。

まずは、ホームの土台部分を組み立てました。

土台には、ホグワーツ特急のモデル名や発車日時(9月1日11時)が記されたプレートも取り付けました。

土台の上に灰色のブロックを並べて床を表現します。

完成した床はこんな感じ。

レンガ模様が彫られたブロックで壁を作成。

さらに、グネグネ動くチェーン状の部品をつないで……

壁の装飾を作りました。

床の上に壁を設置するとこんな感じ。

さらに、壁を看板や照明で装飾したらホームの完成です。

看板には、「9と4分の3番線」の案内シールを貼りました。

完成したホームをホグワーツ特急の横に並べるとこんな感じ。

全長は118cm。かなり巨大です。

ブロックが入った袋の中には、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」のラストシーンに登場する大人版ハリーやジニー、ハリーとジニーの子どもたちのミニフィギュアも入っています。

ミニフィギュアと小物を組み合わせることで、ホグワーツ特急に乗り込む子どもたちを見送るシーンを再現可能です。

今回「ホグワーツ特急 コレクターズエディション」を実際に組み立ててみたところ、組み立てにかかった時間は機関車が4時間半、線路&炭水車が3時間、客車が5時間半、ホームが2時間半、合計15時間半でした。完成品の全長は118cmに及ぶので、組み立ての際には長時間使える広いスペースを用意する必要があります。

なお、「ホグワーツ特急 コレクターズエディション」の希望小売価格は税込6万2980円で、記事作成時点ではAmazon.co.jpで税込6万1890円で販売されています。

Amazon.co.jp: レゴ (LEGO) 76405 ホグワーツ特急™−コレクターズエディション ハリー・ポッター 【ミニフィグ付き】国内流通正規 : おもちゃ

©2022 The LEGO Group.

*WIZARDING WORLD characters, names and related indicia are © & ™ WarnerBros. Entertainment Inc. WB SHIELD: © & ™ WBEI. Publishing Rights © JKR.(s22)*