スマートフォン生産国別比率において、依然、中国が他国を圧倒していることが、Counterpointの報告により明らかになりました。

中国が他国を圧倒

Counterpointの調査では、2021年のスマートフォン生産国別比率において、1位は中国で67%を占めました。
 
2位はインドの16%、3位は5%のベトナムと、中国が圧倒的であることがわかります。
 

 
インドが占める割合は、2016年は9%だったのが、2021年は16%と、5年間で7%の伸びを示しています。

将来的にベトナムでiPhoneの生産開始か

Appleは2025年に、iPhoneの総出荷台数の25%をインド製にするべく計画していると噂されていますので、それに向けて今後も順調に、スマートフォン生産国別比率に占めるインドの割合も増加すると予想されます。
 
ベトナムでは今後、iPadの生産台数が増加するとみられていますが、CounterpointはいずれiPhoneの生産も開始される可能性があると伝えています。
 
 
Source:Counterpoint via Patently Apple
(FT729)