半導体業界専門メディアであるAngstronomicsの創設者、SkyJuice氏(@SkyJuice60)が、A16 Bionicのダイ写真を投稿、A15 Bionicとの比較結果を伝えています。

確認された、A16 BionicとA15 Bionicの違い

A16 BionicとA15 Bionicを比較した結果、下記の違いが確認されたとSkyJuice氏(@SkyJuice60)は伝えています。
 

A16 Bionicのダイサイズは、A15 Bionicより若干大きい高性能コア(Everest)のL2キャッシュが、12MBから16MBに増加システムレベルキャッシュが、32MBから24MBに減少高効率コア(Sawtooth)のクラスタが移動GPUコアのレイアウトは同じ

 
Wccftechは、システムレベルキャッシュが減少した理由について、コスト削減の一環ではないかと推察しています。
 
下記画像左側がA16 Bionic、右側がA15 Bionicのダイ写真です。
 

 


 
 
Source:Wccftech
(FT729)