英ロンドンのO2アリーナで、レーバー・カップ開幕に先立ち記者会見する男子テニスのロジャー・フェデラー(左)とラファエル・ナダル(2022年9月22日撮影)。(c)Glyn KIRK / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)現役引退の意向を表明した男子テニスロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が、英ロンドンで23日に行われる欧州チームとワールドチームの対抗戦レーバー・カップ(Laver Cup 2022)での引退試合で、積年のライバルのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)とペアを組むことになった。レーバー・カップ主催者が22日、発表した。

 四大大会(グランドスラム)20勝を挙げているフェデラーは、同22勝のナダルとロンドンのO2アリーナ(O2 Arena)でジャック・ソック(Jack Sock、米国)/フランシス・ティアフォー(Frances Tiafoe、米国)組と対戦する。

 フェデラーは近年膝のけがに苦しみ、ホベルト・ホルカシュ(Hubert Hurkacz、ポーランド)に敗れた昨年のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2021)準々決勝を最後に実戦から離れていた。

 満員の前日会見でフェデラーは「ラファとプレーできるのは最高に特別だ」と喜び、「本当に別の感覚だ」とコメント。

「以前にもしたことはあるが、ラファやノバク(・ジョコビッチ<Novak Djokovic、セルビア>)と一緒にコートに出てプレーするチャンスを得られるというだけでも、自分にとっては素晴らしい経験だった」とし、「それがもう一度かなうことになり、最高の時間になるのを確信している。最大限のベストを尽くす。難しいだろうが、いい状態で、もちろん楽しみたい」と語った。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
復帰を「信じるのをやめた」 フェデラーが引退の理由明かす
引退表明のフェデラー、今後もテニスに関わり続ける意向
テニス黄金期築いたフェデラー、数字だけでは語れない足跡