志摩スペイン村の人気キャラクター「ダル」のカチューシャを装着し、まずはステンドグラスが美しいエントランスで記念撮影!

写真拡大

「エスパ〜ニャ〜」のCMでお馴染み、三重県志摩市にある「志摩スペイン村」。コロナ禍以前・以後関わらず「空いているのでゆっくり過ごせる」という声を聞いたことがあったが、ここ1年ほど、人気アイドルグループやVTuber、YouTuberなど有名人の紹介により注目を集めているのをご存知だろうか。

【写真】キュートなフォトスポット多数!カメラ片手にスペインの街並みをゆったりお散歩

Twitterを見てみると「ご飯がおいしすぎる」「景観がいい」「インスタ映えスポットが多い」「チュロスがガチでうまい」「アトラクションの待ち時間が0分」など、魅力的な口コミが多数寄せられている。筆者は小学生の頃に家族旅行で遊びに行ったきりだったが、有名テーマパーク以上の楽しそうな口コミに驚いた。

ということで、今回は大人になってから訪れる機会がなかった志摩スペイン村へ、アラサー編集担当&ライターが訪問。Twitterの口コミは果たして本当なのか、そして“大人になって今でも楽しい施設なのか”を調査することに。現地へ行ったからこそ分かった、大人の楽しみ方を5つご紹介!

■お酒好き必見!パエリャ&スペインビールで本場のバル体験

Twitterではとにかく「ご飯がおいしい」との口コミが多かったため、まずはスペイン料理が味わえるレストラン「アルハンブラ」へ。看板メニューの「パエリャ」をはじめ、スペイン産生ハムやオムレツなど、現地の料理が楽しめると人気のレストランだ。

ちなみに一般的には「パエリア」だが、スペイン語では「paella」と表記するため、志摩スペイン村では「パエリャ」と呼ばれている。郷に入れば郷に従えスタイルで、早速パエリャ&生ハムを注文。パエリャは提供に約20分かかるので、最初にオーダーしておくのがおすすめだ。

こちらのレストラン、お酒好きにはうれしいことにビール、ワイン、スパークリングワインなどアルコールが10種以上そろうという充実ぶり。お酒大好き編集部も気持ちをおさえきれず、スペインビールとサングリアで乾杯。この日飲んだビールはスペインを代表する「クルスカンポ」。すっきりとした飲み口で、国産ビールと言われても違和感がないほどに飲みやすく馴染みある味わいだ。これはぐいぐいいけてしまう…!

「午前中からお酒最高!」と仕事であることを忘れつつあった頃(コラ!)、メインのパエリャが登場。お米の芯が残りつつも柔らかく、リゾットのような絶妙な食感に感動した。ムール貝、エビ、イカ、アサリなど定番の具材がたっぷりで、魚貝の旨味もしっかり凝縮されている。これはお酒がすすむ。また、別添えのニンニクマヨネーズをつけて味変すると、これまたグラスを持つ手が止まらない。「おいしい!おいしい!」と、2人であっという間に完食してしまった。

「非日常が楽しめるテーマパークで、大好きなお酒と絶品料理が味わえるなんて!」と、幸せを噛み締めていた編集部。これも志摩スペイン村の楽しみ方の醍醐味だろう。園内のほかの飲食店でも生ビール、ワイン、サングリアなどが用意されているので、スペインのバル文化をリアルに楽しめるはずだ。次回は各店のお酒を飲み歩いて、ハシゴ酒に挑戦してみたいなと目論む筆者であった。ちなみにビールや生ハムはショップで販売もされているので、お土産にもおすすめ。

■まるでスペインに来たみたい!カメラを持ってお散歩できる園内

次の目的地へ行く前に、酔い覚ましにぶらぶらと園内をお散歩することに。マヨール広場など現地の名前が付いたスポットでは海外のような街並みが広がっており、「あれ?ここってスペイン?」と錯覚しそうになる。

そんな海外さながらの街並みが広がる園内では、口コミ通り、写真撮影もお楽しみの1つ。どのエリアも写真を撮りたくなる美しさだが、編集部員のイチオシは園内の北側にある「サンタクルス通り」。白壁に色鮮やかな花々が飾られていて、どこを切り取っても素敵な写真に仕上がる。お花と共に、スペイン食器も飾られていてとにかくおしゃれ。

サンタクルス通りを後にし、マヨール広場からカルメンホールへ向かう途中にもフォトスポットを発見。お花が描かれた壁アートが素敵だったので、記念撮影をしてみた。

また、ハビエル城博物館からサンタルクス通りへ向かう途中にある「太陽の洞窟」にもぜひ立ち寄ってほしい。入った途端「いい意味で、思っていたのと違う!」と想像を覆す景色が広がり、2人してテンションが上がった。青い光に包まれた神秘的な空間も、思わず写真を撮りたくなるはずだ。

そして、園内を代表するアトラクション「氷の城」にも訪れないわけにはいかない。マイナス20度の氷点下の世界が体感できるこちらでは、氷に閉じ込められたひまわりがズラリと並び、エモい1枚が撮影できる。

冷え性な筆者は「氷の城」の突き刺さるような寒さに絶叫してしまったのに対し、超絶暑がりの編集担当は「汗がひく〜!」と余裕の表情。写真撮影だけでなく、未知の寒さも体感してみてほしい。公式Instagramでは多数のフォトスポットが紹介されているので、ぜひチェックしてみて。

■ハロウィーン限定スイーツも!キュートな見た目と大人な味わい

口コミによると、グルメだけでなくスイーツも本格的とのこと。歩き疲れたところで、ハロウィーン限定スイーツが登場したカフェ「ミ カサ」で、スイーツブレークをすることに。

限定スイーツを注文すると、モンスターに見立てたかわいい皿盛りスイーツが運ばれてきた。キュートな見た目だが、お味は甘さ控えめであっさりと食べやすい。「3つのスイーツがワンプレートになっているので、家族や友人ともシェアして楽しめますね」と編集担当。カボチャのピューレや紫芋のペーストなど旬の食材が使われているので、秋らしさを感じられるのもうれしい。(10月31日(月)まで提供)

限定スイーツを楽しんだあと、「世界一おいしい」とSNSで話題のチュロスもテイクアウトすることに。数々のテーマパークで数々のチュロスを試食してきた筆者だが、これは期待を裏切らない口コミ通りのおいしさ!表面はサクサク、中は程よくしっとりかつモチモチとしていて、いろんな食感が楽しめる。優しい甘さで、飽きずに食べ進められるのもポイント。

ちなみに、チュロスはスペイン発祥のお菓子だそう。「志摩スペイン村だからこそのクオリティなのか!」と、納得させられるおいしさだった。カフェテリア「サルー」の店内で注文すれば、チョコレートソースがかかったチュロスも楽しめるんだとか。

■情熱的で美しい!フラメンコダンスの迫力に触れる

続いては、「本場のフラメンコダンスを見てみたい!」とカルメンホールで開催されているフラメンコパフォーマンスへ。現地のタブラオ(板張りの舞台)をイメージしたステージで、男女4人のスペイン人ダンサーによる公演が目の前で楽しめる。(料金は1人200円、1日2回開催で予約制※2022年9月現在)

初めて本場のフラメンコダンスを鑑賞した我々だったが、約20分のショーが一瞬に感じられるほど終始見惚れてしまった。迫力ある激しい足さばきと、手指の繊細な動きがなんとも美しい。真剣な表情で力強くステップを踏むダンサーが、ふと見せる笑顔に何度もドキッとしてしまった。ずっと目線が合っていたのは、筆者の気のせいか。情熱的で上品なダンスと共に、クール&かわいい表情にも注目してほしい。

鑑賞後、よほど魅せられたのか、編集担当が「フラメンコ習いたくなりました」「お教室通おうかな?どう思います?」と何度も言っていた。ちなみにエスパーニャ通りのフォトスタジオ「フォト ファンタスティカ」では、フラメンコ衣装をレンタルして記念撮影ができるサービスがある。料金は1人120分貸し出しで、2500円とリーズナブル。園内を自由に回って撮影できるので、思い出作りに体験してみて。

■ショッピングが楽しい!スペイン雑貨からグルメまで勢ぞろい

最後は、スペインならではの手土産を選びに。編集部が特にテンションが上がっていたのは、陶器工房「カンタロ」。一つひとつ手作りのビタミンカラーがかわいいスペイン食器がそろっていて、トマト、ひまわり、青花など、多彩なデザインの食器に目移りしてしまう。

なかでも、根菜類の野菜を保存しておく「ベジタブルポット」が人気。インテリアとしても存在感を発揮してくれそうだ。食器のほか、花瓶、壁掛、タイルなどの雑貨も豊富にそろう。

また、スーベニアショップ「アスタ ラ ビスタ」では、スペインはもちろん、ヨーロッパ各地のお酒が多彩にそろう。「テーマパークでお酒が買えるなんて!」と、驚きつつも喜ぶ酒好き2人組であった。もちろん、スペインビールも販売されている。そのほか輸入菓子などを扱う「ファボリト」では、350点以上のお菓子や食品が用意されている。スペイン産のポテトチップス、紅茶、オリーブオイルなど、珍しい食料品に心踊るはずだ。レストラン「アルハンブラ」で提供されているイベリコ豚の生ハムもこちらで購入できる。

当日、「荷物が増えるからお土産は最後に!」と言いながら閉園時間まで夢中で遊んでしまったせいで、お目当てのお土産を購入できないという失態を犯してしまった。しかし編集担当は「こんなにゆっくりお散歩を楽しめたのも久しぶり。『お土産を買いに来る』という、また来る理由ができたのでオールオッケーです」と満足げ。

かろうじて買えたのは、スペインの伝統菓子「ポルボロン」。スペインでは「幸せを招く」と言われるスイーツで、食べる前に「ポルボロン」を3回唱えると願いが叶うんだとか。今回は、ラスト1だった人気フレーバー「伊勢茶味」をゲット。伊勢茶の香りが広がっておいしいのはもちろん、小分けになっているのでおすそ分けにもぴったりだ。

ちなみに、「アトラクションの待ち時間がゼロ」という口コミも本当だった。期間限定のシューティングゲーム「オバケハンター2 ーガシャドクロの逆襲ー」や、「氷の城」、イルミネーションライド「くるみわり人形」など、園内を歩き回ってアルコールを抜いたあとにさまざまなアトラクションを体験したが、どれも5分以上待たずして体験できた。園内のアトラクションは家族で体験できるものばかりで、幅広い年代のゲストが体験できるのも魅力だ。

■人気アイドルグループやVTuberの紹介動画で一躍話題に!

これまで5つの楽しみ方を紹介したが、ここに書ききれないほど園内を楽しみ尽くした2人。「こんなに楽しいのに、なぜ今まで遊びに来なかったのか…」と後悔したほどだ。近頃は「志摩スペイン村」がTwitterのトレンド入りを果たすなど、SNSで名前を見かけることが増えたが、いつからこのように注目されているのか。突如話題となっている理由を広報担当者に聞いた。

「最初は、2021年に関西ジャニーズJr.の『Aぇ! group』とコラボさせていただき、動画が配信されるとTwitterのトレンド入りをしました。それから、ファンと思われる方たちが多く来園してくださりましたね」

また、今年はチャンネル登録者数40万人以上の人気VTuber・周央サンゴとのコラボも実現。「当初はサンゴさんのご好意で、園内の魅力を伝える動画を配信してくれていました。その切り抜き動画がバズり、2022年5月にまたしてもTwitterトレンドに。そのおかげで当時約1.5万人だった公式Twitterアカウントのフォロワーが一気に5万人に増えました。その後8月にはコラボが叶い、実際にサンゴさんに園内を体験してもらった動画を発信。数々のコラボやTwitterのおかげで注目していただいているのだと思います」

「SNSの投稿で大切にしていることは?」の質問には、「ほっこりしたり、くすっと笑っていただけるような、ゆるい投稿を心がけています」と、広報担当者。

「志摩スペイン村の公式Twitterアカウントは2019年、公式YouTubeアカウントは2020年から始めました。Twitterでは、担当者自身がゆるっと楽しんでいる様子から、スペインらしいおおらかさや陽気さなどもお伝えできればと思っています。Instagramでは伊勢志摩のきらめく太陽や青空、リゾート感などを意識して投稿していますね。花火やノスタルジックな夕暮れの投稿なども高い反響をいただいています」

今回の取材では、まるで1つの街に訪れたように、旅行気分で大人も満喫できる場所だと感じた。きっとほかのテーマパークでは体験できないような時間が過ごせるはず。「遊びも、海外気分も、お酒も、グルメも味わいたい!」という欲張りさんは、志摩スペイン村で旅するようにのんびりと過ごしてみては?

取材・文・撮影=左近智子

※価格はすべて2022年9月現在の情報です。

※施設の許可をとって撮影時のみマスクを外しています。

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。