テレビ東京=曽根田和久撮影

写真拡大

 9月27日に東京・日本武道館で行われる安倍晋三元首相の国葬について、テレビ東京は22日時点の番組表で、わずか5分間の「報道特番」を予定する。放送時間は午後1時40分〜1時45分で、午後2時から始まる国葬自体は中継しない。NHKや民放各局は国葬の生中継を予定する中、“独自路線”のテレ東に対し、ネット交流サービス(SNS)上では「ブレないテレ東」「5分は立派」などと話題を呼んでいる。

NHK、安倍氏国葬で特設ニュース番組

 テレ東の公式サイトの番組表によると、報道特番では「安倍元総理の国葬直前の様子をお伝えします」と書かれている。その後、午後1時45分〜3時40分は通常の「午後のロードショー」で、セントバーナード犬が騒動を巻き起こす米国映画「ベートーベン」を放映する。

 安倍元首相の国葬を巡っては、毎日新聞と社会調査研究センターが9月17、18の両日に実施した全国世論調査で、「反対」が62%で「賛成」の27%を上回るなど、厳しい見方も多い。

 これまでにも、テレビ東京は他局が特別番組を編成するような大きなニュースがあっても、独自路線を貫いたケースがあり、SNSでは「テレビ東京のすがすがしさ」「安定のテレ東クオリティー」と支持する声が相次いだ。

 テレビ東京広報局は“5分特番”について「番組の制作過程に関わりますので、回答は控えさせていただきます」としている。テレビ東京のニュース配信サイト「テレ東BIZ」では、地上波の放送終了後の27日午後1時45分から、首相官邸記者の解説などを交え、国葬終了まで生配信する予定という。

 1967年10月31日に実施した吉田茂元首相の国葬の時は、テレ東の前身「東京12チャンネル」は午後1時〜1時45分に追悼番組を放送。午後1時45分から4時まで、日本武道館から国葬を中継していた。【後藤豪】