警視庁池袋署

写真拡大

 JR埼京線の車両内で女性に痴漢をしたとして、警視庁は、自称埼玉県川口市の契約社員の男(34)を強制わいせつ容疑で逮捕し、22日発表した。

 また同じころに同じ女性の体を触ったとして、同庁が50代の無職の男を東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材でわかった。逮捕された2人に面識はないという。

 池袋署や捜査関係者によると、契約社員の男は9月15日午前8時55分〜9時5分ごろ、埼京線の赤羽―池袋駅間の車両内で、20代の会社員女性の斜め後ろから女性の下着の中に手を入れて下半身を触った疑いがある。無職の男は同じタイミングで、この女性の正面から自分の股間を押し当てた疑いが持たれている。