iPhone14を分解し、内部構造を撮影した壁紙を、iFixitが公開しました。iPhoneの壁紙に設定すれば、中身が透けて見えているような感覚を味わえます。

iPhone14の内部、ミッドフレームに変化

各種ガジェットの分解レポートで知られるiFixitが、9月16日に発売されたばかりのiPhone14を分解し、iPhone14の内部構造を撮影した壁紙を公開しました。
 
iFixitは、iPhone14では内部のミッドフレームが外観に合わせて酸化皮膜処理されており、これまでで最もきれいな内部構造壁紙を作ることができた、と説明しています。壁紙には、アルミニウムプレートで覆われた内部構造の画像も用意されています。
 

iFixitが公開した、iPhone14の内部構造壁紙は以下の5種類です。
 
iFixitのWebサイトで画像をタップしてオリジナルサイズをダウンロードし、iPhoneの「設定」から壁紙に設定してください(記事中の画像は縮小しています)。
 

iPhone14(背面)


 

iPhone14(前面)


 

iPhone14(背面・ダーク)


 

iPhone14(前面・ダーク)


 

iPhone14(X線)


 

iPhone14 Proの壁紙も後日公開

iFixitは、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxの内部構造壁紙を来週公開予定と案内しています。
 
このほか、詳細な分解レポートも追って公開されることが見込まれます。
 
 
Source:iFixit
(hato)