プレミアの「オールスターゲーム」があったら、北地区チームはこの11名

写真拡大 (全12枚)

先日、チェルシーの新オーナーとなったトッド・ボーリー氏が「プレミアリーグにオールスターゲームを導入したい」と公言して話題になったt。

今回は『Daily Mail』の「もしプレミアリーグで北地区vs南地区のオールスターゲームをやったらこんなチームになる」から、北地区の11名候補を紹介。

GK:エデルソン

クラブ:マンチェスター・シティ

おそらく北地域で最も得票数を奪い合うポジションだろう。リヴァプールのアリソンか、あるいはこのマンチェスター・シティの守護神だ。これはどちらになってもおかしくない。

CB:フィルヒル・ファン・ダイク

クラブ:リヴァプール

ここは間違いなくフィルヒル・ファン・ダイクが入るところだろう。このところ少しほころびを見せることも多くはなってきたものの、彼の実力と実績については誰もが認めるところ。

CB:ラファエル・ヴァラン

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・シティの誰かが入ってもいいが、ここはおそらくマンチェスター・ユナイテッドのファンの得票を集めると考えてラファエル・ヴァランだ。マグワイアよりは彼の名前が挙げられるであろう。

右SB:ジョアン・カンセロ

クラブ:マンチェスター・シティ

マンチェスター・シティの攻撃を形作っているフリーマンサイドバック、ジョアン・カンセロ。彼のプレーはまさにプレミアリーグの中で独特のもので、オールスターゲームにも選びたい選手だ。

左SB:アンドリュー・ロバートソン

クラブ:リヴァプール

左サイドバックという点で言えば、北部ならアンドリュー・ロバートソンが最も人気を集めるだろう。圧倒的なバランス感覚とオールラウンドな能力で常に信頼できるタレントだ。

DMF:カゼミロ

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

今夏マンチェスター・ユナイテッドに加入したブラジル代表MFのカゼミロ。まさしく世界を獲ってきた選手であり、現在のサッカー界で最も地味で強力な「縁の下の力持ち」である。

CMF:ケヴィン・デ・ブライネ

クラブ:マンチェスター・シティ

現在のサッカー界で最も優れたパサーの一人であるケヴィン・デ・ブライネ。プレミアリーグでも図抜けた存在であり、オールスターに入ることに議論の余地はない。

CMF:ブルーノ・フェルナンデス

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

この4-3-3のフォーメーションで3人目の選手はブルーノ・フェルナンデスだ。マンチェスター・ユナイテッドに加入した際のインパクトは強烈で、「FCブルーノ・フェルナンデス」と呼ばれるほどの影響力を見せた。

左FW:クリスティアーノ・ロナウド

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

いくらマンチェスター・ユナイテッドでは苦戦しているとはいえ「スター」を選ぶとすればクリスティアーノ・ロナウドを外せはしない。彼ほどの華やかさを持つ選手はオールスターゲームに必要なものだ。

右FW:モハメド・サラー

クラブ:リヴァプール

そして右ウイングであれば間違いなくモハメド・サラーが選ばれるだろう。リヴァプールでの5シーズンで3回の得点王を獲得したエースであり、その実績とゴールスコアリング能力に議論の余地はない。

FW:アーリング・ハーランド

クラブ:マンチェスター・シティ

【写真】シティで「デ・ブライネがデビューした試合」スタメン11名覚えてる?

まだプレミアリーグで6試合しかプレーしていないが、すでに10ゴールを決めたハーランド。すでにレヴァンドフスキやベンゼマなどと並び、世界最高の「9番」といえる。