ヴェッラッティ、15歳で「なぜミランへの移籍を断った」のか

写真拡大

現在パリ・サンジェルマンでプレーしているイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ。

彼は当時セリエBを戦っていたペスカーラの下部組織で育ち、2008年夏に若くしてトップチームにデビュー。それからすぐに才能を開花させ「NEXTピルロ」と評価されるボランチに成長した。

それからパリ・サンジェルマンへと移籍し、それから長くその中心的な選手として活躍し続けている。

【動画】ヴェッラッティ、小柄だが巧みな技術と戦える強さを備える名ボランチ

今回彼は古巣であるペスカーラの公式メディアでインタビューに答え、以下のように語っていたとのこと。

マルコ・ヴェッラッティ

「僕はペスカーラで出会った人々に感謝し続けているよ。ここにいられるのは、彼らのおかげなんだ。

子供の頃からずっと応援していた『心のクラブ』のためにプレーするときは、決して忘れることのないような感情を抱くものだよ。

15歳の時、『荷物をまとめてミラノへ行け』と言われたことがあるが、僕はペスカーラに残りたかった。

そこがとても心地よかったし、あの年齢ではスポーツをただの仕事として見たくはなかったからだ。

あそこで幸せだったし、みんなも僕を愛してくれた。誰も僕の妨げになるような人はいなかった。全員が大きなファミリーだったんだ。

(若い選手にむけて?)誰もが僕のような道で成功することができるよ。ヴェッラッティもただの人間だ。そしてペスカーラで育った。

何も信じられないようなことはしていないよ。その瞬間瞬間に訪れたものを利用してきただけだ。そうしたら物事がやってきた。それについてはとても幸せに思うよ。

サッカーという意味では、ペスカーラはすべての始まりだった。夢のスタートであり、そこからEUROの優勝にたどり着き、今の自分がある。

初めて代表チームに招集されたとき、僕はまだペスカーラにいたんだ。このクラブが僕のためにしてくれたすべてのことに感謝している。それをやめることは決してないだろう」