ネヴィル兄、”オールスター戦導入案”に怒る「アメリカ人オーナー、禁止すべき」

写真拡大

先日行われたニューヨークでの会議において、チェルシーの新オーナーであるトッド・ボーリー氏の発言が大きな話題になった。

彼はプレミアリーグで北vs南のオールスターゲームをやるべきであると主張し、それによって大きな収益を確保したいと考えているという。ヨーロッパは「アメリカンスポーツを参考にすべき」とも発言していた。

ただ、それに対してイングランドのサッカー関係者は反発しているようである。

かつてマンチェスター・ユナイテッドの選手として長く活躍し、現在は辛口コメンテーターを務めているギャリー・ネヴィルは、自身のSNSで激しくそれらを非難した。

ギャリー・ネヴィル

「私はこれまでも言い続けてきたが、我々は早くルールを作ったほうがいいと思うよ。

アメリカ人の投資家がイングランドのサッカーに入りこんでくる。それは明らかに我々が編み上げた試合、サッカーのピラミッドを危険に晒すものだ。

彼らは全く違う考え方を持っており、それを理解することができない。そして彼らは欲しい物を手に入れるまで止まることがないのだ。

このようなアプローチがうまくいくとは思えない」

【写真】プレミアで最もイケてるユニフォーム!ファッション誌が選ぶとこうなる

なおギャリー・ネヴィルはマンチェスター・ユナイテッドのアメリカ人オーナーグループについても批判的であり、トッド・ボーリー氏のことを「トッド・ウッドワード」と書いていた。