自分の意志で、親から付けてもらった名前を変えた赤池さん。彼はどのようにこの名前と生きてきて、なぜ改名することを決めたのでしょうか。写真は自室のPCで音楽制作に打ち込む赤池さん(提供=読売新聞社)

キラキラネームといえば、ネット上で盛り上がる「ネタ」の代表格。ただし実際に、読んでも聞いてもキラキラネームとわかる名前を授かった人も実在している。その一人が赤池王子様だ。彼はどのように、この名前と生きてきたのか、なぜ改名することを決めたのか。それを知った両親の反応は。日本中が注目したニュースの「あの人」を追った新刊『人生はそれでも続く』(読売新聞社会部「あれから」取材班)から、抜粋してお届けします。

宛名は「赤池王子様 様」

「名前変更の許可が下りましたァー!!!!!!!!」

2019年3月7日。高校3年生の18歳だった赤池さんがツイッターに投稿すると、たちまち転載(リツイート)は10万を超えた。反響の大きさに驚いた。


赤池さんの中学校の卒業アルバム(提供=読売新聞社)

高校卒業を前にひとりで家庭裁判所を訪れ、親から付けてもらった名前を変えた。変える前の名前は「王子様」。〈様〉までが本名だから、年賀状の宛名は「赤池王子様 様」で届いた。

この名前では、生きづらかった。だから自分の意志で変えた。新しい名は「肇(はじめ)」。はじめの一歩を、踏み出そうと思った。

甲府盆地の真ん中にある山梨県昭和町に生まれた。人口は2万人ほど。物心ついた頃には、赤池さんはすでに皆から「王子」と呼ばれていた。友達も先生も、親しみを込めて「王子、王子」と呼んでくれた。

いじめられることはまったくなかった。ただ小学校低学年の頃には何となく、「自分の名前、変かも」と思うようになっていた。

病院の待合室でフルネームを呼ばれると、他の患者らの視線が一斉に自分に集まる。「赤池王子様、さま……」。呼び出し係の人も、何だか言いにくそうだ。

地元のショッピングモールでは、まったく知らない人に「あれ、王子様だよ」と指をさされた。カラオケ店で会員登録をしようと本名の「赤池王子様」と書くと、偽名だと疑われたのだろう。あからさまに不審の目を向けられた。

なぜ「王子様」なのか。この名前を付けたのは、母親だ。学校の授業で自身の名前の由来を調べるという課題があって、かつて尋ねたことがある。

母はその時、「私の大事な息子という意味だよ。私にとっての王子様だから」と教えてくれた。

「改名しよう」と思ったきっかけ

〈子どもには、生まれた時から名前を持つ権利がある〉

1989年に国連で採択された子どもの権利条約は、そう説く。名前を付けることで他の人間と区別し、その人の人生が始まる。

名前は、生まれた時に誰かに付けてもらうもので、普通は自分では選べない。だから赤池さんも、途中まではあまり疑いなく、「王子様」という名前を受け入れてきた。

だが高校に入って、「名前とは」という問題に真剣に向き合うことになる。

新学期のクラスの自己紹介。自分の番で名乗ると、ひとりの女子生徒が噴き出した。しかも、その笑いが止まらない。中学までは、周りで笑い転げる人はいなかったのに──。

ただこの時、女子生徒に感じたのは怒りでも悲しみでもなく、共感だった。

「だって、変な名前って笑われて当然でしょう。王子様だもん」

そもそも王子というのは「役職」だ。なのに「様」が付いていること自体、おかしいと自分でも思った。

「よし、改名しよう」。そう思い立った。中学時代、人気漫画「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を読んで、本名は変えられると知っていた。170巻の「改名くん」の巻。不運な男たちが名前を変えた後、宝くじが当たったり、女性にもてるようになったりして運気が上昇する、というドタバタ劇だ。

ストーリーそのものよりも、改名できるという社会のルールが心に刻まれた。

それに、これだけ名前がいちいち注目される状況には、もう耐えられなかった。変わった名前だからではない。

「単に親が付けた名前が珍しいというだけで目立つなんて、プライドが許さない。名を売るなら、自分の実力で勝負したい」。そのために、自分で自分の名付けをしようと心に決めた。

「王子は生きづらいだろうな」。両親の知人で、幼い頃から赤池さんを知る甲斐善光寺(甲府市)の僧侶・渡辺光順さんは、名前のことをずっと心配していた。

明るく、社交性もある赤池さんは、皆から愛されて育った。大人に交じってゲームをすると「僕は子どもだから」と順番を譲るなど大人びた面もあり、本人が築く人間関係には何の問題もなかった。

だが、「昭和町に王子様という名前の子どもがいるらしい」という「うわさ」は、渡辺さんのもとにも届いていた。インターネット上には、奇抜な名前を意味する「キラキラネーム」の代表例として掲載されていた。社会に出てからは苦労するだろう、という危惧はあった。

だから、高校生になった赤池さんから「名前、変えようと思うんだけど」と相談された時、「いいんじゃない」と答えた。

改名を伝えたときの母の反応

改名の時期は、高校卒業時と赤池さんは決めた。大学に行けば、新しい友人もできるだろう。いいタイミングだ。スマートフォンで「改名 やり方」と検索すると、15歳以上なら、親の同意がなくても自分の意志で名前を変えられることがわかった。

母に伝えたら残念そうな顔になって、しばらく口をきいてくれなかった。でも、最後は気持ちを尊重してくれたと思っている。

父は、「おまえの人生だ」と言ってくれた。

「名前、どーすっか?」

高校のクラスメートに相談すると、友人は手にしていた倫理の教科書をパラパラとめくって手を止めた。

「河上肇」。「貧乏物語」で知られる経済学者だ。

「はじめって感じの顔じゃね?」。友人の一押しに、不思議としっくりきた。漢字も格好いい。

「赤池肇って合うよな」。もう、「肇」以外は考えられなかった。渡辺さんに報告すると、「自分が良いと思う名前にすればいい」と背中を押してくれた。

「赤ちゃんが名前をもらうのとは違う。音や漢字も含めて、自分が気に入り、つつがなく生活できる名を選べばいい」と渡辺さんは思う。

戸籍上の名前は、家庭裁判所の許可があれば変えられる。赤池さんは甲府市内の家裁を一人で訪ね、職員から説明を受けた。

変更が認められるには、「名の変更をしないとその人の社会生活において支障をきたす」といった正当な理由が必要となる。例えば、「むずかしくて正確に読まれない」「異性とまぎらわしい」といった理由だ。

家裁には「名の変更許可申立書」と戸籍謄本などを提出。必要な費用は収入印紙800円分と、連絡用の郵便切手代のみだ。

「王子様」という名前は不便で不本意だと伝えると、職員は「申し立てをすれば通ると思うよ」と言ってくれた。

申し立ての書類をもらい、理由の欄の「奇妙な名である」の項目に〇を付けて提出した。約1カ月後、家裁から封筒が届いた。少し緊張して封を開けると、「『王子様』を『肇』に変更することを許可する」と審判結果が書かれていた。


「王子様」から「肇」」に改名した直後の赤池さん(2019年3月、提供=読売新聞社)

「やった。王子様じゃなくなった」

改名のことを、「思い出がなくなるみたい」と言ってくれる友人もいた。周りの人たちに恵まれて生きてきたんだな。改めて思った。

名前に注目されないことが新鮮だった

2020年の春、「肇」になって1年がたった。入学した大学では、自己紹介をしても周りの反応は薄い。

「これが普通なのか」。名前に注目されないことが、新鮮だった。


初めて会った相手と仲良くなろうと、自分から「俺、王子様だったんだ」と話すこともある。「どっちで呼べばいい?」と聞かれて、「どっちでも」と答えると、大抵、相手は「肇」を選ぶ。

「『肇』がしっくりきているのかな」。呼ばれるたびに名前を変えた実感がわき、「改名してよかった」と思う。

新型コロナウイルスの影響で大学の休みが続く今、赤池さんは1日の大半を音楽活動に費やしている。トランペットを習得してジャズやクラシックにも挑戦したが、今はクラブミュージックにのめり込んでいる。パソコンや専用の機器で曲を作り、仲間と組むバンドでボーカルをつとめる。重くて激しい「デスボイス」で歌い上げる技術には、自信がある。

いつか、バンドで成功したい。作曲家・編曲家としても活躍し、多くの人に自分の音楽を届けたい──。そう夢見て、ネット上に自作の曲や演奏映像を載せては、腕を磨く日々だ。

「名前を変えるなんて、ほんと、大したことないですよ。俺はまだ、何も成し遂げていない」

「肇」という字には、「入り口をあけて物事をはじめる」という意味もあるという。次は名前の奇抜さではなく、自分の実力で扉を開き、有名になってみせる。

「音楽の世界で、再びバズって(注目を集めて)みたいですね」

赤池肇さんは、にっこり笑って言った。

(読売新聞社会部「あれから」取材班)