OPPO Enco Air2 Proは一万円以下でノイキャン+軽量+高音質を実現

写真拡大 (全7枚)

現在主流となっている完全ワイヤレスイヤホンは、各社より多数リリースされており、左右が独立したスタイルだけでなく、モデルによって様々な特徴をもっています。
ノイズキャンセル機能、バッテリー性能、音質、価格帯、バリエーションなど、製品によってアピールする特徴は実にたくさんあります。

そのなかでも今回は、価格と性能のバランスの良いOPPO Enco Air2 Proを紹介します。


OPPO Enco Air2 Proのパッケージ

OPPO Enco Air2 Proは、ノイズキャンセル機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。
イヤホン本体、充電ケースのデザインがスマートになっており、イヤホンの片耳が約4.3gと軽量で、長時間装着でも疲労感がありません。


OPPO Enco Air2 Pro

OPPO Enco Air2 Proの特徴としては、
チタンコーティングの振動板の12.4mmの大型ドライバーを搭載しており、音質に余裕のある点です。
アクティブノイズキャンセル機能はそれほど強力ではありませんが、屋内のエアコンノイズなど静音化することができますので、集中して視聴することができます。
また、イヤホン部分を長押しでトランスペアレントモードに切り替えることができますので、駅で構内アナウンスを聞きたい時など音楽を聞きながら、外部の音を聞くこともできます。


アプリ「HeyMelody」

アプリ「HeyMelody」にて「Echo Live」による音質の切り替えが可能です。
「低音ブースト」では音の迫力がアップし、「ボーカル」ではボーカルがクリアに聞こえます。アプリで「ゲームモード」を選択することもでき、低遅延になるためゲームをより楽しむこともできます。


アプリ「HeyMelody」の設定画面

バッテリー性能は、
ノイズキャンセルを使用しない場合は、イヤホン単体で7時間、充電ケースを併用で最大21時間の再生が可能です。急速充電に対応しており、10分の充電で2時間分の充電ができます。


OPPO Enco Air2 Proを充電ケースに入れた例

このほか、IP54防水・防塵性能、着脱検知で自動的に一時停止&再生、ケースを開けてクイックペアリング、タッチコントロール搭載といった扱いやすい仕様になっています。
タッチコントロールはアプリ「HeyMelody」でカスタマイズ可能です。


タッチコントロールの設定画面

ペアリングは、2台にまで設定することができます。
2台目のペアリングは耳に装着したまま、4秒長押しすることで登録することができます。なお、初期化する場合は、耳に装着したまま15秒間の長押しの操作をします。


2台のスマートフォンとペアリング例

OPPO Enco Air2 Proは、音質、機能が充実していながら、価格帯が1万円以下というコスパの高い製品です。
安価で機能の高いイヤホンを求めているユーザーにお勧めです。


執筆 伊藤浩一