“ヴァンパイア”JUNG KOOKに続くは「ありのままのキム・ナムジュン」、BTS新プロジェクト【PHOTO】

写真拡大 (全5枚)

BTS(防弾少年団)のRMが、フォトプロジェクト「Special 8 Photo-Folio」に登場する。 

【写真】“ヴァンパイア”JUNG KOOK

RMは8月24日、公式SNSを通じて「Special 8 Photo-Folio」のティザー映像を公開した。

RMが作品を鑑賞する場面で始まるこの映像には、美術館や公園など、様々な空間を行き来しながら多彩なポーズで撮影しているRMが盛り込まれた。

RMはティザー映像に先立ち、撮影のコンセプトを垣間見ることができる写真と音声スキットなどを順に公開していた。彼は「Special 8 Photo-Folio」で、安らかな姿からカリスマ性あふれる一面まで、“ありのままのキム・ナムジュン”を表現する予定だ。

(写真=BIGHIT MUSIC)RM
(写真=BIGHIT MUSIC)RM
(写真=BIGHIT MUSIC)RM
(写真=BIGHIT MUSIC)RM

RMは企画段階からコンセプト、衣装、小物に至るまで制作全般に参加し、自身の“全部”を盛り込んだという意味で、タイトルを「Entirety」に決めた。

キム・ナムジュンとRM、青年とアーティストの間の苦悩などを盛り込んだRMのフォトは、背景の芸術作品と調和し、新たな作品になる。またアメリカ・ロサンゼルスで撮影され、視覚的な楽しさも含んでいる。

BTSの新フォトプロジェクト「Special 8 Photo-Folio」は、BTSの積極的な参加で完成し、7人のメンバーのそれぞれ異なる個性と風変わりな面を見ることができる。先立ってプロジェクトのスタートを切ったJUNG KOOKは、“ヴァンパイア”コンセプトで独自のスタイルを再解釈して注目を集めた。 

なおRMのフォトカットは9月5日に発売される。

◇RM プロフィール

1994年9月12日生まれ。本名キム・ナムジュン。グループ内ではリーダーとメインラッパーを担当しており、英語が堪能な頭脳派でもある。BTSメンバーの中で最初にBig Hitエンターテインメントに加入したのがRMで、事務所代表のパン・シヒョクはBTSのデビューの経緯について「RMのような子はデビューさせなければいけないと思った。BTSを作ったきっかけは彼だ」とコメントしている。最年少メンバーのJUNG KOOKも「事務所見学の際にRMのラップに惹かれて事務所に入った」と明かしており、実力とカリスマ性を兼ねそなえた人物といえる。