米Microsoftは8月18日(現地時間)、すでに一部の国でテストされていたAndroidアプリをWindows 11上で動作させる試験的機能について、日本でも利用できるよう対応リージョンを拡大したと発表した。

Windows 11 Insider版でのAndroidアプリ対応が日本でも利用可能に

Windows上でAndroidアプリを高速で実行する「Windows Subsystem for Android」機能が、日本でもWindows 11 Insider環境で利用できるようになるという内容。使うにはMicrosoftアカウントでInsiderチャネルに参加している必要があり、Windows 11 Version 22H2以降の環境で、Microsoft Store(ver.22206.1401.6)以降からAmazon Appstore(最新バージョン)をインストールする必要がある。

ハードウェアの必須環境についても詳細なドキュメントが公開されており、一例として第8世代Intel Core i3以降、AMD Ryzen 3000以降、Snapdragon 8c以降のプロセッサで、8GB以上のメモリが必要になる。