米倉涼子がサンドラ・ブロックの吹き替え!

写真拡大

 女優の米倉涼子が、ブラッド・ピット主演の新作映画『ブレット・トレイン』(9月1日全国公開)で日本語吹き替え版声優を務めることが決定した。あわせて、米倉の声も収録された吹き替え版本編映像も公開された。

 原作は、ベストセラー作家・伊坂幸太郎の小説「マリアビートル」。日本の超高速列車を舞台に、ブリーフケース回収任務を命じられた殺し屋レディバグ(ブラッド)が、偶然乗り合わせていた9人の殺し屋から命を狙われるさまを描く。

 米倉が担当するのは、サンドラ・ブロック演じる謎の女マリア。本作のキーパーソンとも言える彼女は、レディバグに電話越しで指令を出しながら、不運続きの彼を時に励まし勇気づけ、任務遂行へ導こうとする。

 作品を鑑賞した米倉は「度重なるアクシデントで、息も止まってしまいそうでした。(アクションについて)見応えがあり、瞬きもできないほど!」と絶賛。主演のブラッドについて「小さい時から見ている大御所俳優なので、画面を通じて一緒にお芝居しているという感覚だけでも嬉しかったです」とコメントしている。

 個性豊かなキャラクターの中でも、真田広之ふんするエルダーがお気に入りだという米倉。「日本人として、しかもメインキャラクターとして出られているというのは、とても嬉しいです。すごく仲良くさせていただいている俳優さんなので、私まで誇り高い気分で見ていました」と興奮気味に話すと、真田に向けて「相変わらず、殺陣は上手だし、もうハリウッドスターだなって、羨ましいな、ここまで来る所まで苦労されているのを、ずっと見てきていますから、、、カッコイイなと思います」とメッセージを送った。(編集部・倉本拓弥)