映画『線は、僕を描く』新ビジュアル
 - (C) 砥上裕將/講談社 (C) 2022映画「線は、僕を描く」製作委員会

写真拡大

 横浜流星が主演を務める映画『線は、僕を描く』の本予告映像が公開された。あわせて、挿入歌をyamaが担当することも明らかになった。

 本作は、砥上裕將の同名小説を実写映画化した青春ストーリー。大学生の青山霜介(横浜)が水墨画と出会い、白と黒のみで表現される世界に魅了され次第に深遠な水墨画の世界に引き込まれていく様を描く。『カノジョは嘘を愛しすぎてる』や『ちはやふる』シリーズなどの小泉徳宏が監督などを務め、清原果耶が主人公である霜介のライバル・篠田千瑛を演じる。

 公開された本予告映像では、横浜ふんする主人公の霜介が涙を拭い過去と葛藤するシーンが印象的に登場。そして、水墨画と出会ったことで自分自身やまわりの人と向き合っていくなか、環境や感情が少しずつ動き出していく様子が描かれていく。横浜や清原とともにキャストに名を連ねる細田佳央太や河合優実といった注目の若手俳優たちの姿も見ることができる。

 また、挿入歌を横浜たっての希望でyamaに決定。プロデュース・作詞・作曲・編曲はYUKIやflumpoolの楽曲を多数手掛ける百田留衣が担当する。横浜は「挿入歌『Lost』は、霧介の心情が丁寧に描かれていて、物語の深みを増してくれた素敵な楽曲です。個人的にyama さんの魅力である繊細で美しくて、芯のある歌声を最大限に発揮されていると思いました。今も移動中に常に聴いているくらい、好きな歌の一つになりました」とコメントを寄せている。

 さらに、新ビジュアルも公開。「涙をぬぐい、心を描け」という力強いコピーとともに、横浜と清原の水墨画に向き合う真剣な表情が切り取られ、青春感あふれる仕上がりとなっている。(編集部・大内啓輔)

映画『線は、僕を描く』は10月21日より全国公開