米女優のアン・ヘッシュさん。米カリフォルニア州ビバリーヒルズにて(2022年3月12日撮影、資料写真)。(c)Lisa O'CONNOR / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米ロサンゼルスで先週、交通事故を起こし重体となっている米女優のアン・ヘッシュ(Anne Heche)さん(53)について、米メディアは代理人の話として、「助かる見込みはない」と伝えている。

 ヘッシュさんは今月5日、ロサンゼルス市マービスタ(Mar Vista)地区の2階建て住宅に車で突っ込んだ。地元消防局によると、現場は激しく炎上し、住宅も大きく損傷した。

 複数のメディアが11日、代理人の発表として伝えたところによると、事故によりヘッシュさんは「重度の無酸素性脳損傷」で昏睡(こんすい)状態に陥った。かねて臓器提供を希望していたため、移植可能な臓器があるかを判断するために生命維持装置につながれているという。

 ロサンゼルス警察は同日、ヘッシュさんの血液検査を実施すると発表。「適切な検察当局に本件を送致する」としたが、容疑は明らかにしていない。地元メディアによると、ヘッシュさんは予備検査で麻薬の陽性反応を示したが、治療に使用された薬剤の可能性もあり、追加検査が行われている。

 ヘッシュさんは1990年代、『6デイズ/7ナイツ(Six Days, Seven Nights)』『フェイク(Donnie Brasco)』『ラストサマー(I Know What You Did Last Summer)』などの映画に出演。後に人気トーク番組の司会者となったエレン・デジェネレス(Ellen Degeneres)さんとの交際も話題になった。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
脳損傷の自転車世界女王、意識回復 練習中の事故から4か月
「エレンの部屋」終了へ デジェネレスさん司会の米長寿番組
ウッズ選手の事故原因を特定、プライバシーの問題で非公表