今年の春のクラシックは、牡馬は皐月賞がジオグリフ、日本ダービーをドウデュースが制し、牝馬クラシックはスターズオンアースが2冠を制した。3冠最後の菊花賞だが、皐月賞を勝ったジオグリフは骨折が判明し秋の復帰をめざしているが、血統的にも馬体の造り的にも菊花賞には向かわないのではないだろうか。ドウデユースはダービー後に凱旋門賞へ向かうことが表明されており、こちらも菊花賞には向かわない。牝馬路線はスターズオンアースだが、こちらもオークス後に骨折が判明し、順調に回復すれば秋華賞に間に合うということだが、骨折明けになるだけに不安がないわけではない。となれば新星が登場し、一気に主役の座についてもおかしくない。今週は2回にわたり主役の座を狙える素質馬を取り上げたい。今回は牝馬編。

☆オンリーオピニオン
 デビュー前の追い切りで本馬の素質を評価していたが、春は勝ち切れずクラシック戦線に乗れずに終わった。一息入れて臨んだ前々走の3歳以上1勝クラスでは、-2kgの馬体重であったが、パドックで見た限り、少し腹回りがすっきりとしており、決して万全という状態ではないように見えた。それでもレースではダッシュ良く2番手の位置を取ると、4コーナーでは捲って来た馬たちに並ばれたものの、手応えが違い直線で突き放して2着に0秒3差を付けて優勝と、約1年ぶりの勝利を飾った。中1週で挑んだかもめ島特別では、+8kgと馬体を戻しており、それでもまだ緩さがあって、もうひとレベルもふたレベルも上がりそうな印象を受けた。レースでは今回もダッシュ良くハナを切るとマイペースの逃げ。直線に入るとしっかりと脚を使って後続を突き放し見事連勝。2戦続けて古馬を相手にこれだけの競馬ができるのだから、やはりポテンシャルは高い。まだまだ成長が見込めるだけに秋華賞へ出走してくれば、面白い1頭になるのは間違いない。

☆ルージュエクレール
 デビューから4戦連続で2着と勝ち切れない競馬が続いていたが、前走は道中3番手で折り合い、直線で追われるとあっという間に後続を引き離し、2着馬に0秒7差を付けるこれまで勝ち切れなかったのが嘘のような圧勝劇。よほど鞍上の横山武史騎手と合ったのか、これまで折り合いに苦労する面が見られたが、それも前走は見られなかった。近親にはソダシがいる血統で、まだ成長が見込める本馬。次走が試金石となりそうだが、そこでも勝利するようだと秋の大一番への可能性も見えてくる。適性距離という面では秋華賞へ向かわないかもしれないが、秋華賞へ向かうのか、マイル路線を歩むのか、いずれにしても本馬のポテンシャルをもってすれば、もっと上のクラスでやれるだろう。まずは次走に注目だ!

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、金曜掲載の「ハッシーの中央競馬新馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」を担当している。