Image: INDIEGOGO

最も移動が楽チンな電動の乗り物なのでは?

電動の乗り物が市民権を得ている昨今、自転車はアシストが楽チンですし、eスクーターは持ち運ぶことも可能。では電動でもっとお手軽な移動手段は何でしょうか? そう、それはローラースケートなんです。

現在クラウドファンディングを行っている「Airtrick」は、スニーカーの下に履き、片手で握るリモコンで操縦をします。

階段があれば歩けちゃう

脱着がカンタンで1.5kgと軽量なので、駐輪場所を気にする必要はまったくなく、持ち歩いても肩が凝るほど負担にもなりません。また、他の乗り物より優れているのは、段差を気にしなくても良い機動力。ちょっとした減速帯や階段でも、足を上げればヒョイっと乗り越えられるのです。

レバーひとつでバックも簡単

本体は片足につき150wのデュアル・モーター2WD。最高時速はスタンダードが23kmで、プロとウルトラが28km。フル充電にて10kmおよび15kmの距離を走るようにできています。段差でジャンプしても壊れない耐久性もあるので、アクロバティックな動きも楽しめますね。また、従来のローラースケートでは難しいバック走行もレバー操作で超簡単です。

ローラースケートは危なさそう?

初心者は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、片足に4つあるホイールは幅が広くて安定感バッチリ。両足のカカトにはストッパーがあり、リモコン操作と同時に片足のつま先を上げれば、ダブルでブレーキングができて安全です。

ちなみにですが、足に装着していなければラジコンカーのように遊ぶことも可能だったりします。工夫次第で、面白い使い方ができそうですね。

ラジコンのように遊ぶことも

「Airtrick」は現在、INDIEGOGOにてプロが3,289HKD(約5万5600円)、スタンダードが3,132HKD(約5万3000円)、充電時間が短く「スーパー・アップグレード・パックス」という特典付きのウルトラが4,466HKD(約7万5500円)で出資できるようになっています。

日本では専用のパークや私有地でしか乗れないと思いますが、移動手段の新たな可能性として期待したい乗り物です。

荷物の運搬もスイスイ。空気圧で動く『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』みたいなホバーボード

Source: YouTube, INDIEGOGO via NEW ATLAS