元栃木SCのFWキム・ヒョンがKリーグ1第27節MVPに選出!“水原ダービー”で2ゴールの活躍披露

写真拡大 (全5枚)

Kリーグを管轄する韓国プロサッカー連盟は、8月5〜7日に行われたKリーグ1(1部)第27節、8月6日〜8日に行われたKリーグ2(2部)第31節のMVP、ベストイレブン、ベストチーム、ベストマッチを発表した。

【動画】相手GK動けず…日本人Kリーガーの“芸術的”フリーキック

Kリーグ1第27節MVPは、かつて2019年に栃木SCでプレーした水原(スウォン)FCのFWキム・ヒョン(29)だ。

キム・ヒョンは8月6日、水原総合運動場で行われた水原FC対水原三星ブルーウィングスの“水原ダービー”で2ゴールを記録し、水原FCの4-2の勝利に貢献した。

キム・ヒョンは前半13分、DFパク・ミンギュ(27)が左から上げたクロスを頭で合わせ、先制ゴールを決めた。さらには後半23分、FWイ・スンウ(24)のパスを受けてペナルティエリア外左側から巻いたシュートをマーク。キム・ヒョンはこれでシーズン6〜7得点目に成功した。

両チーム合計6ゴールが飛び交ったこの日の試合は、第27節のベストマッチに選ばれた。また、キム・ヒョンの2得点など計4ゴールで勝利した水原FCは、第27節のベストチームに選ばれた。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)キム・ヒョン

Kリーグ2第31節のMVPは、FC安養(アニャン)のアコスティだ。

アコスティは8月8日、昌原(チャンウォン)サッカーセンターで行われた慶南(キョンナム)FC対FC安養の試合で終了間際に劇的な決勝ゴールを決め、FC安養の3-2の勝利に貢献した。

この日の試合は、FC安養がキム・ドンジンの先制点と相手のオウンゴールで2点リードし、慶南FCがチアゴとキム・ヨンチャンの得点で一度同点に追いつくも、最後は後半終了間際にアコスティが決勝点となる勝ち越しゴールを決め、劇的な勝利を収めた。最後まで手に汗を握らせた両チームの試合は、第31節のベストマッチに選ばれた。

第31節のベストチームは大田(テジョン)ハナシチズンだ。大田は8月7日、大田ワールドカップ競技場で行われた釜山(プサン)アイパークとの試合で、カイザー、キム・ミンギュン、コン・ミンヒョンがゴールを記録し、3-0の完勝を収めた。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)アコスティ

またベストイレブンには、元ジェフユナイテッド市原・千葉、アビスパ福岡のDFキム・ヒョヌン(31、光州FC)などが選ばれていた。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)キム・ヒョヌン

以下、Kリーグ1及びKリーグ2のベストイレブン。

―Kリーグ1

FW:チョ・ギュソン(金泉尚武)、キム・ヒョン(水原FC)、エルナンデス(仁川ユナイテッド)

MF:ジェルソ(済州ユナイテッド)、キム・ドヒョク(仁川ユナイテッド)、シン・ジンホ(浦項スティーラーズ)、ミョン・ジュンジェ(金泉尚武)

DF:パク・ミンギュ(済州ユナイテッド)、チョン・ウン(済州ユナイテッド)、パク・スンウク(浦項スティーラーズ)

GK:キム・グンベ(済州ユナイテッド)

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)Kリーグ1第27節ベストイレブン

―Kリーグ2

FW:サンドロ(光州FC)、カイザー(大田ハナシチズン)、アコスティ(FC安養)

MF:キム・ドンジン(FC安養)、キム・ジュニョン(富川FC 1995)、チョン・ホヨン(光州FC)、キム・インギュン(大田ハナシチズン)

DF:イ・チャンヨン(FC安養)、チョ・ユミン(大田ハナシチズン)、キム・ヒョヌン(光州FC)

GK:イ・ジュンソ(大田ハナシチズン)

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)Kリーグ2第31節ベストイレブン

(翻訳・編集=ピッチコミュニケーションズ)