『ユミの細胞たち』俳優パク・ジニョン、豪雨被害に3000万ウォンを寄付「被害が大きくなる前に…」

写真拡大 (全2枚)

GOT7のメンバーで俳優のパク・ジニョンが、韓国の中部地方で発生した記録的豪雨の被災者を支援するために3000万ウォン(約300万円)を寄付した。

【写真】ジニョン、ベットの上で見せた“はにかみ笑顔”

希望ブリッジ全国災害救護協会は8月10日、パク・ジニョンが豪雨の被害に遭った地域の復旧のために使ってほしいと3千万ウォンを寄付したことを明らかにした。

希望ブリッジによると、パク・ジニョンは豪雨の被害が大きくなることを考慮して、早急に支援する意思を明らかにし、被災者の日常を回復するために寄付を決心した。

(写真=BHエンターテインメント)パク・ジニョン

今回の寄付金は、豪雨で被災した地域の復旧と被災者の支援に使われる予定だ。

パク・ジニョンは2020年にも、水害で困っている被災者のために寄付をするなど、助けが必要な人々のための寄付を続けている。

希望ブリッジのキム・ジョンヒは、「水害被害を被った地域の住民に対するパク・ジニョンさんの温かい気持ちに感謝する」と感謝を伝え、被害者への迅速な支援と復旧に対する意志を表した。

一方、パク・ジニョンはTVINGオリジナルシリーズ『ユミの細胞たち2』を成功裏に終え、映画『クリスマスキャロル』(原題)の撮影を終えた後、公開に向けて準備している。

(記事提供=OSEN)