ロナウドは自分のためなら何でもやる!?チチャリート、退団志願を理解

写真拡大

UEFAチャンピオンズリーグの出場権を逃したマンチェスター・ユナイテッドの補強不足に不満を募らせ、退団を直訴したとされているクリスティアーノ・ロナウド。

そうしたなか、かつてユナイテッドでプレーしたチチャリートことハビエル・エルナンデスがこの件に言及した。『PA』に対してこう述べたという。

ハビエル・エルナンデス

「彼や他の選手だったら、自分はどうするか。何が自分の得になるか。

彼は他の人間とは全く違うよね?

だから、自分は理解できる。そして、どうなるかは時間が経てば分かる。

正しいか、正しくないか。それで好転するのか。見てみよう。

それがミソさ。人生の不確実性。

いずれわかるさ。もし、彼が残留して40ゴールを決めたらどうする?」

チチャリートは、ロナウドなら自分のためになるなら何でもしうると考えており、ユナイテッドから退団したがっていることも理解できるとのこと。

【関連】ユナイテッドではサッパリでも、退団後に輝いた10名

ただ、ユナイテッドに残って、40ゴール決めるかもしれないとも述べていたようだ。なお、2人はレアル・マドリーでともにプレーしている。