ロス・カウンティ戦で今季初ゴールをマークした古橋。 (C)Getty Images

写真拡大

 スコットランド1部セルティックに所属する古橋亨梧のゴールパフォーマンスが話題になっている。

 現地時間8月5日に行なわれたスコットランド・プレミアリーグ第2節のロス・カウンティ戦に臨んだセルティックは3−1で勝利し、開幕2連勝を飾った。この試合で先発した古橋は、48分に先制点をマーク。自身にとっての今シーズン初得点で勝利に貢献した。

 セルティックの日本語版公式SNSは、その古橋が見せたゴールセレブレーションの動画を公開。得点後に喜びを全面に押し出したアタッカーは、ファンがいるスタンドに向けて駆け寄りながら、膝でスライディングを試みた。しかし、芝は十分な湿気がなかったのか、途中で足を取られてつんのめり、前向きに倒れ込んでしまう。
【動画】「かわいすぎる」今季初ゴールを決めた古橋の”ずっこけ”セレブレーションをチェック!
 その後、倒れ込んだ古橋のもとには仲間たちが駆け寄り、手荒い祝福。一連のシーンにファンからは「これはかわいい」「これ何年か前にロッベンもやっててめっちゃ笑った記憶ある」「膝スラって実は難しいのね」「幸せそう」「はい大優勝」「享梧…それは結構ピッチが濡れてないと滑らんで」といった声が寄せられた。また「膝擦りむかないのか?」「怪我すんなよ」「これで膝の靭帯を痛めた選手もいるから、濡れてないときは無理しないで欲しい」といったコメントも見られた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部