Fitbitデバイスは現在、スマートフォン、タブレットに加え、コンピュータ(PC、Mac)と同期することができますが、2022年10月13日以降はコンピュータとの同期ができなくなることがわかりました。

スマホの普及でコンピュータ同期の利用者が減少

これまでは「Fitbit Connect」アプリによる、Fitbitデバイスとコンピュータの同期が可能でした。
 
しかしスマートフォンの普及が進み、コンピュータを使って同期するユーザーが減少したのを受け、FitbitはFitbit Connectアプリの廃止を決定したとのことです。

10月13日以降はコンピュータとの同期はできなくなる

現時点ではまだ、Windows 10およびMac OS向けのFitbit Connectアプリをダウンロードできますが、10月13日以降はアプリが利用できなくなります。
 
Fitbitはサポートページ(英語)に「2022年10月13日をもって、コンピュータのFitbit ConnectアプリとFitbitデバイスとを同期させるオプションを廃止します」と記しています。
 
日本語サポートページは現時点ではまだ更新されていませんが、近く同様の内容が記載されると思われます。
 
現在、PCやMacとFitbitデバイスを同期させているユーザーは、今後はAndroidまたはiOS用のFitbitアプリを使い、スマホまたはタブレットと同期させる必要があります。

プレイリストも転送できない

また2022年10月13日以降は、コンピュータの音楽のプレイリストをFitbitデバイスに転送するオプションも使えなくなります。ただしすでにFitbitデバイスに保管している音楽は今後も聴くことができます。
 
またDeezerアプリ、Pandoraアプリを使えば、コンピュータからFitbitデバイスへの楽曲の転送が可能とのことです。
 
 
Source:Fitbit via 9to5Google
Photo:Fitbit/Facebook
(lunatic)