2022年上半期にレジャー・乗り物ジャンルで、売れたモノ、話題になったコトを大紹介! 今回は「WOW RIDE」!

 

※こちらは「GetNavi」 2022年8月号に掲載された記事を再編集したものです。

アーバンライフにもはや欠かせないマイクロモビリティ

【電動キックスクーター】

2022年5月発売

セグウェイジャパン
シェアリング事業用電動キックスクーター Max Plus 公道仕様版

23万1000円(販売は法人のみ)

電動キックボードは都心の新しい移動手段として定着しつつある。ここ7年で全世界累計1000万台を出荷しているセグウェイ社も、時速20km未満の原動機付自転車として取り扱い可能な本モデルを日本市場に投入した。

 

↑デュアルブレーキを搭載。ハンドルバー先端に配置された方向指示器はクラシカルなデザインと高い視認性を両立する

 

↑「Max Plus」はIoT対応。ユーザーアプリ、管理アプリ、管理ダッシュボードといったソフトウェアも一緒に利用できる

 

【ヒットの裏付け】 さらなるポート拡大で“どこでも駅前”を実現

電動キックボードシェアリングサービスのLuupが好調。ポート数は2021年4月の約300か所から1年で約1300か所に増えている。エリアも東京、大阪、京都、横浜、仙台と拡大中。