カブス・鈴木誠也【写真:Getty Images】

写真拡大

バットでは4打数無安打も守備で勝利に貢献した

カブス 4ー0 マーリンズ(日本時間7日・シカゴ)

 カブスの鈴木誠也外野手が6日(日本時間7日)、レーザービーム補殺を披露した。右翼から強肩を発揮した返球で走者を刺した映像が「エクセレント!」「誠也くんライトからレーザービームで補殺! ヒギンスもナイスタッチ 鮮やかなメジャーリーガーの技だー!」とファンをうならせた。

「3番・右翼」で出場した鈴木は、バットでは4打数無安打1三振で2試合連続無安打に終わったが、守備で4-0の完封勝利に貢献した。0-0の3回2死一、二塁、デラクルーズの放った右前打を猛チャージして処理すると、すかさず右腕を振る。ワンバウンドの鋭い返球を、捕手のヒギンスが処理して二塁走者のロハスにタッチした。球審はセーフの判定も、チャレンジの結果アウトに。先制を許さず流れを引き寄せ、本拠地は大歓声に包まれた。

 このビッグプレーをカブスの公式ツイッターが紹介。ファンからは「レーザービーーーム!」「誠也のキャノン!」「誠也の肩は健在」「誠也! 流石やわ」「鈴木誠也のバックホームもキャッチャーのタッチも、少しでもズレてたらセーフになってた紙一重のプレー! 朝からスゴいもの見せてくれた」と称賛のコメントが並んだ。(Full-Count編集部)