コロナ禍と酷暑のなかで球児たちの夏が始まる

写真拡大

準々決勝まで2強は盤石か

 夏の甲子園が8月6日にいよいよ開幕する。3日には組み合せ抽選会が行われ、3回戦までの日程が発表された。大会の注目ポイントや初戦の注目カードなどについて探っていきたい。(※出場校などの情報は4日16時現在)【西尾典文/野球ライター】

 まず、優勝候補についてだが、筆頭と見られる大阪桐蔭(大阪)、大阪桐蔭を春の近畿大会決勝で破り、夏連覇を目指す智弁和歌山(和歌山)は比較的勝ち進みやすいブロックに入ったと言えそうだ。

 大阪桐蔭が初戦で対戦するのは、旭川大高(北北海道)。2018年、2019年に続く出場で、佐久長聖(長野)、奥川恭伸(現・ヤクルト)を擁する星稜(石川)とそれぞれ1点差の接戦を演じているが、地力では大阪桐蔭と大きな差がある感は否めない。

コロナ禍と酷暑のなかで球児たちの夏が始まる

 同じブロックでは、好投手を擁する札幌大谷(南北海道)と社(兵庫)、強力打線が持ち味の県岐阜商(岐阜)などが控えるものの、優勝候補と言えるだけのチーム力はなく、大阪桐蔭を止めることは難しそうだ。

 一方、智弁和歌山は2回戦からの登場で、開幕カードの日大三島(静岡)と国学院栃木(栃木)の勝者と対戦する。国学院栃木は、2年生エースの盛永智也と主砲の平井悠馬、日大三島はエースで4番の松永陽登を中心としたチームだが、投手、野手とも智弁和歌山と比べると、チーム力は一段落ちるというのが正直な印象だ。

 勝ち上がった後に対戦する可能性がある帝京五(愛媛)、九州学院(熊本)もチーム内の新型コロナウィルス集団感染の影響があって、調整が難しいという事情がある。これらを考慮すると、智弁和歌山が準々決勝まで勝ち進む確率は、大阪桐蔭と同様に極めて高いものとなりそうだ。

1回戦の最注目カードは「近江VS鳴門」

“2強”に続くチームは、近江(滋賀)、九州国際大付(福岡)、京都国際(京都)、天理(奈良)、仙台育英(宮城)などが挙げられる。ただ、いずれも勝ち抜くことが厳しいブロックに入った。

 なかでも、1回戦で最大の注目カードは、近江と鳴門(徳島)の対戦だ。近江は、選抜準優勝投手で、プロ注目の山田陽翔が投打の中心に座る一方で、鳴門は選抜で大阪桐蔭を苦しめたエースの富田遼弥がチームを牽引する。ともに夏の地方大会も安定したピッチングを見せており、ロースコアの接戦となることが予想される。鳴門打線は地方大会で好調だっただけに、滋賀県勢初の頂点を狙う近江にとっては、非常に厄介な相手と言えるだろう。

 選抜ベスト8の九州国際大付は、投打のバランスが良く、総合力は大会で屈指といえるが、初戦は難敵の明徳義塾(高知)との対戦となった。戦力は、九州国際大付が上回っているように見えるが、対戦相手を研究して良さを消す戦いは、明徳義塾の馬淵史郎監督が得意している。接戦となると、明徳義塾が勝負強さを発揮することが予想されるため、九州国際大付は序盤にリードを奪いたい。

 京都国際は、明豊(大分)、八戸学院光星(青森)、創志学園(岡山)、愛工大名電(愛知)、星稜(石川)と各地区を代表する強豪と同じブロックに入った。昨年の甲子園を経験している選手も多いとはいえ、エースの森下瑠大が故障からの復調途上で、これらのチームを相手に勝ち進むことは簡単ではない。

 天理(奈良)は、初戦で強打の山梨学院(山梨)と対戦するほか。仙台育英は、昨年秋の関東王者である明秀日立(茨城)と同じブロックに入っている。いずれも、ベスト8までの道のりは平坦なものではなさそうだ。

躍進が期待される「明豊」

 そんな中で、ダークホース的な存在となりそうなチームが、京都国際と同じブロックに入った明豊だ。今年のチームは、昨年秋の九州大会で九州国際大付に0対13で5回コールド負けと大敗を喫して選抜出場を逃し、春の九州大会でも準々決勝で小林西(宮崎)に1対2で逆転負けするなど、なかなか勝ち進むことができなかった。

 チームは、悔しさをバネに大きく成長した。大分大会では、4番の嶽下桃之介を中心とする強力打線が5試合で52得点を叩き出し、しかも準々決勝以降の3試合全てが二桁得点と圧倒的な強さで甲子園への切符をつかんだ。

 絶対的な柱となる投手は不在だが、タイプの異なる複数の投手を揃えており、守備面も5試合で3失策とよく鍛えられている。とりわけ、昨年春の選抜ではあと一歩で優勝を逃したところを見てきた選手たちは、全国制覇に対する思いが強い。強豪校がひしめくブロックで勝ち進むことができれば、大阪桐蔭や、明豊・川崎絢平監督の母校でもある智弁和歌山にとって脅威となることは間違いないだろう。

ドラフト候補も続々と登場

 これまでに紹介したチーム以外で、ドラフト候補という視点で選手を見ると、日本文理のエース田中晴也と、高松商のスラッガー浅野翔吾にスカウト陣の注目が集まっている。

 田中は、新潟大会の準決勝で自己最速150キロをマークした。まだばらつきはあるものの、堂々とした体格で、力を入れた時のボールの勢いは目を見張るものがある。また、野手としても、抜群の長打力を誇る。初戦で激突する海星(長崎)には、宮原明弥、向井恵理登という140キロを超える好投手がいる。楽しみなカードになりそうだ。

 一方、浅野は、171センチという上背の無さを感じさせないスイングで、長打力は高校球界で全国トップクラスだ。香川大会でも厳しいマークの中で、5試合で10安打、3本塁打、打率.571と見事な成績を残している。昨年夏の智弁和歌山戦で、ホームランを放っているが、夏の甲子園で2年連続となるアーチにも期待がかかる。

 もうひとり、甲子園でのプレー次第で、スカウト陣の大きく評価を上げる可能性を秘めている選手が、富島のエース日高暖己だ。少し細身だが184cmの長身で、山本由伸(オリックス)を彷彿とさせるフォームから投げ込むストレートは最速148キロをマークする。

 宮崎大会では5試合、43回を投げて3失点と安定した投球で、チームを甲子園出場に導いた。富島は、夏の甲子園では優勝候補と見られているチームが不在のブロックに入った。地方大会と同様のピッチングを見せることができれば、勝ち進むことも十分に考えられるだろう。

 組み合せ抽選会の時点では、やはり大阪桐蔭と智弁和歌山が中心となりそうだが、大会直前に4チームから新型コロナウィルスの集団感染が発覚し、大会日程が変更されるなど、予断を許さない状況は続いている。そういう意味では、“最大の敵”は新型コロナウィルスと言えるかもしれない。全出場校、全選手が最後まで力の限りプレーできることを切に願いたい。

<2022年「夏の甲子園」の組み合わせ>

第1日・8月6日(土)
【第1試合】日大三島(静岡)− 国学院栃木(栃木)
【第2試合】明豊(大分)− 樹徳(群馬)
【第3試合】京都国際(京都)− 一関学院(岩手)

第2日・8月7日(日)
【第1試合】八戸学院光星(青森)−創志学園(岡山)
【第2試合】愛工大名電(愛知)− 星稜(石川)
【第3試合】鶴岡東(山形)− 盈進(広島)
【第4試合】近江(滋賀)− 鳴門(徳島)

第3日・8月8日(月)
【第1試合】海星(長崎)− 日本文理(新潟)
【第2試合】天理(奈良)− 山梨学院(山梨)
【第3試合】敦賀気比(福井)− 高岡商(富山)
【第4試合】興南(沖縄)− 市船橋(千葉)

第4日・8月9日(火)
【第1試合】三重(三重)− 横浜(神奈川)
【第2試合】日大三(西東京)− 聖光学院(福島)
【第3試合】二松学舎大付(東京)− 札幌大谷(南北海道)
【第4試合】県岐阜商(岐阜)− 社(兵庫)

第5日・8月10日(水)
【第1試合】大阪桐蔭(大阪)− 旭川大(北北海道)
【第2試合】聖望学園(埼玉)− 能代松陽(秋田)
【第3試合】鹿児島実(鹿児島)− 明秀日立(茨城)

第6日・8月11日(木)
【第1試合】仙台育英(宮城)− 鳥取商(鳥取)
【第2試合】高松商(香川)− 佐久長聖(長野)
【第3試合】明徳義塾(高知)− 九州国際大付(福岡)
【第4試合】下関国際(山口)− 富島(宮崎)

第7日・8月12日(金)
【第1試合】:第1日第2試合勝者 − 第1日第3試合勝者
【第2試合】第2日第1試合勝者 − 第2日第2試合勝者
【第3試合】第2日第3試合勝者 − 第2日第4試合勝者
【第4試合】第3日第1試合勝者 − 第3日第2試合勝者

第8日・8月13日(土)
【第1試合】有田工(佐賀)− 浜田(島根)
【第2試合】九州学院(熊本)− 帝京五(愛媛)
【第3試合】智弁和歌山(和歌山)− 第1日第1試合勝者
【第4試合】第3日第3試合勝者 − 第3日第4試合勝者

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部