その壮絶な半生とは――

写真拡大

 世のなかには、とてつもない才能の持ち主がたしかにいる。私たちはいつもそういう人たちに憧れ、そういう人たちから何かを掴んでみたいとも思っている。

【写真】日本人初優勝を飾った大会での戦い ほか

 しかし、実際どうなんだろう。

 本当に才能ある人たちから、私たち凡人に学べることなんてあるのだろうか?

 山田よう子さんは数々の女子アームレスリング世界タイトルを持つ、“本当に才能のある人”のひとりだ。

 だから、彼女の生き方を見知ったところで、私たちに彼女の真似などできはしない。

 ただ、こんなことは言えると思う。

 当たり前だが、そんな才能を持った人でも歳だけは私たちと同じように取っていく。そして、年齢の壁と向き合っていくことになる。

その壮絶な半生とは――

 その“向き合い方”だけは、どんな凡人にとっても参考になるものを含み、私たちもそこから何かを学ぶことができるのではないか。

 そんなことを考えつつ、彼女の今までと今、そしてこれからの話を彼女に聞いてみた。

 山田よう子さんの身体に宿っていた“アスリートとしての非凡さ”は、既に小学生の頃から開花していたようだ。

――昔、東京都中央区勝どきにあった小学校に通ってました。地域や小学校とかで“〜大会”とかいろいろあるじゃないですか? 例えば「相撲大会」とか「羽根つき大会」とか「バドミントン大会」とか…そういう類のもの。その“大会”という言葉が耳に入ると、なんか自然と「絶対参加するしかない」と思っちゃうんですよね。

 それで参加すると、ジャンルとか関係なく出る大会で全部優勝しちゃうんです。バドミントン大会に参加した後など、中国から選手推薦が来たくらいでした。50mの徒競走でも当時6秒9.男子女子関係なく一番でした。

 で、何かトレーニングしていたとか、そういうことは特別何もないんです。でも、大会にでると勝ってしまう。

 あ、ただ小学2年の頃からダンプ松本さんを倒すために自己流トレーニングは寝る前やっていましたが…(笑)。

 こんな小さい頃からアスリートの才能が多角的に花開いていた彼女だが、中学校にあがるとアームレスリングに出会うまでは、かなりしんどい人生だったように見える。

「洋子おばちゃん」に相談

――そのノリで中学に上がったら、短距離走で初めて負けてしまいました。中1の頃です。結構それがショックでした。

 中1の2学期になると結構いじめを受け、学校からも「来ないでいい」と言われ、新宿にある施設に入ったんです。でも、その施設もいやになって脱走しました。(笑)

 その後、実家があった佐賀県でしばらく暮らした後、“洋子おばちゃん”(※1)と相談して「洋子おばちゃんも女優だったし、自分もできるかも」と思い、中学3年から「人間プロ」(※2)に所属しつつ、高校は堀越学園高校芸能科に行きました。

※1「洋子おばちゃん」…女優・故南田洋子さんのこと。山田よう子さんは南田さんの従兄弟の娘で、非常に親密な関係だった)

※2「人間プロ」…故・南田洋子さんが夫の故・長門裕之とともに作った芸能プロダクション

 しかし、またしても学校になじめず、渋谷に遊びに行ったりケンカしたりしていました。

 高校2年の頃、フジテレビのお昼の連ドラなどにも出演しましたが、また撮影現場で私はいじめに遭います。当時有名な女優さんに“(南田洋子さんの)七光りのくせして!”と、いじめられたのです。

 結局、高校は出たけれど、芝居に打ち込む気にもなれず、かと言って自分の場所が特になかった22歳のころでした。偶然、居酒屋で当時のアームレスラーのチャンピオン・関谷栄一さんたちと出会い、アームレスリングの話を聞くことができたのは。

「大会」「試合」と聞いて、久しぶりに“やりたい”“やりたい”“私もやりたい!”と連呼し、どちらかというと関谷さんたちをドン引きさせたほどでした。

 アームレスリングでの活躍をきっかけにして、彼女のアスリートとしての才能は総合格闘技やプロレスへと広がっていくことになる。

――関谷さんたちと出会って約半年後、アームレスリング世界大会で2位になりました。実は大会参加を決めてから大会に出るまで、ほとんど練習らしき練習はしていないんです。その頃は怖いものなんかなかったし、総合格闘技なんかもやり始めの頃は“ケンカの延長”だと思ってましたから。いや、もちろん今は格闘技には技術の問題もあるのがわかりますし、昔とはまったく違いますけれど (笑) 。

 アームの場合、試合開始時のレフリーの合図“Ready Go!”に対する反応が、私はほかの選手より少しだけ早く反応できていたから勝てていたのだろうと思います。

 ただ、初めてのアームレスリングで2位になった時は、本当に驚きました。“負けるって、こういう感覚なんだ”ってことに。自分は中1の短距離走以来、負けたこと自体がなかったから、その“負けるときの自分の感覚”に驚いたんですね。

 アームレスリングで世界2位をいきなり獲った後、いろいろな格闘技関係の方から連絡を頂き、24歳の時、アームレスリング、総合格闘技、プロレスの3種目を掛け持ちするようになりました。その3つのジャンルのうち、何かしらの試合が二ヵ月に1回は入っているペースでした。この頃から29歳の頃までは、今までの自分にはないほどかなり練習しました。

 29歳の頃、自分の写真集も出せたし、この頃が格闘家としては自分のピークだったのかもしれません。

輝かしい戦績

 確かにこの頃の彼女の戦績には、本当に驚かされる。一部、その活躍を時系列で確認しよう。

■アームレスリング
・2002〜2012年…「全日本アームレスリング選手権大会」で日本最多の11連覇
・2004年…南アフリカ・ダーバンで開催された「第26回WAF世界アームレスリング選手権大会」で、女子-50kg級左右で3位入賞
・2005年…「第27回WAF世界選手権東京大会」で、シニア女子-45kg級ライトハンドで世界王者となる

■総合格闘技
・2003年…総合格闘技戦デビュー。デビュー戦含めその後、無傷の3連勝を飾る

■プロレス
・2006年…プロレスデビュー。

 その後、マネージャーが一時期不在になってしまった問題などもあり、32~33歳の頃、アームレスリング1本での活動となっていく。

 そして、32〜33歳の頃、事務所の問題などもあり、その後、彼女はアームレスリング1本に絞っていくが、彼女は「今までの人生で一番感動したこと」出産を、37歳で体験することになる。

――36歳の頃「子供が欲しい」と強く思い、37歳で初めて出産しました。

 その後、双子ができるのですが「双子を生んだ後、アームで世界を獲ったらすごいなあ」と思って、世界へチャレンジしてみたら、案外簡単に獲れたんです。

 ちなみに、彼女がアームに照準を絞った出産後の戦績を見てみよう。

■全日本アームレスリング選手権
・女子-50kg級レフトハンド優勝、同-50kg級ライトハンド優勝(2017年)
・女子-50kg級レフトハンド優勝、同-50kg級・同-55kg級ライトハンド優勝(2018年)
・女子-52kg級レフトハンド優勝、同-52kg級ライトハンド優勝(2019年)
・女子-52kg級レフトハンド優勝、同-52kg級ライトハンド優勝(2021年)

■韓国国際アームレスリング大会 第5回シルヴィスクラシック 
・女子無差別級優勝(2018年)

■マレーシア国際チャリティーマッチPREMIER101
・女子-65kgライトハンド優勝・同オーバーオールクラス優勝(2019年4月)

■「プロアームレスリング ズロッティ」(アームレスリングの頂点を決める、世界最大規模のプロアームレスリング大会)
・日本人初52kg優勝(2019年)

 2021年、45歳の彼女は二度の帝王切開を含む5度目の出産を経験するが、この出産後のトレーニングで、自分の身体に起きている“異変”を感じたと言う。

――今まではある程度トレーニングをすれば身体は自分のイメージしたように戻ったのですが、1~2日練習を空けてしまった直後に今までと同じ練習をしても身体が元に戻らないのです。だから、それ以降特に練習についてはストイックになっていきました。

 失礼かもしれないが、アームレスリング、総合格闘技、プロレスを今までこなしながら、出産を5回重ねた40代半ばの身体が悲鳴を上げても、それはまったく自然なことだと思う。しかし、今後の目標について、彼女はこともなげに屈託のない笑顔でこう言い放った。

――47歳でもう一度世界を獲ること。そして、もう一度出産すること。それが今の私の目標なんです。

 彼女ほどのアスリートが、自身の年齢に伴う身体の変化に敏感でないはずがない。

 口にこそしなかったけれど、年齢を重ねることによる変化やそれに伴うトレーニングの厳しさを彼女はきっとシビアに感じているのだろうと思う。

 また、現役から撤退して後輩の育成に努めることだって、自然なアスリートの齢の重ね方だろう。

 しかし、山田さんはそうはしなかった。

 彼女の人生に一番の感動をもたらした2つの出来事、「タイトル奪取」と「出産」を50歳前にもう一度やってみたいと強く思い、その目標に向かってシンプルに動くことにしたのだ。

 そういえば、彼女はこんなことも言っていた。

「いろいろ考えると負けてしまうんですよ」

 おそらく、彼女は頭の中を意識して一度“真っ白”にし自分の自然な状態を想像した上で、自分が向かうべき方向を探し当てたのではないかと思う。

 私たちは日頃、会社や世間や周囲の声をあまりにも聞きすぎながら歳を重ねてはいないだろうか。山田さんのように一度は意図的にそうした声から遠ざかって、自分のこれからのことを考えてみるのも、私たち凡人にとってこそ実はいいのかもしれない。」

デイリー新潮編集部