5日、ロシア南部ソチで会談するプーチン大統領(右)とトルコのエルドアン大統領(AFP時事)

写真拡大 (全2枚)

 ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領が5日、ロシア南部ソチで会談した。

 ロシアのウクライナ侵攻が続く中、トルコが仲介した穀物輸出問題を含め、ウクライナ情勢などを協議。黒海を挟んでウクライナの戦場と向き合うトルコは緊張緩和に向けた仲裁を目指してきており、停戦交渉に関して言及した可能性もある。

 プーチン氏は会談冒頭で「あなたの直接の関与と国連の仲介で黒海の港からウクライナ産穀物を供給する問題が解決された」と述べ、謝意を表明。エルドアン氏は「トルコとロシアの関係に新たなページを開くことができると信じている」と応じ、両国の関係強化に意欲を示した。

 ロシアの侵攻で滞っていたウクライナからの穀物輸出はトルコと国連の仲介努力によって合意に至り、1日にウクライナ南部オデッサから最初の貨物船1隻が出発。5日にはオデッサなどから3隻が出航した。