広島・大瀬良大地 (C) Kyodo News

写真拡大

● 広島 2 − 3 阪神 ○

<16回戦・マツダスタジアム>

 広島は後半戦初勝利が遠く、球宴を挟み今季ワーストを更新する7連敗。借金も今季ワースト更新の「6」となり、ヤクルトに勝利した巨人と入れ替わり5位に転落した。

 先発の大瀬良は初回から失点。4回は二死一塁で7番・ロハスに特大の5号2ランを浴び、5回裏の攻撃で代打を送られ降板となった。

 打線は3点を追う4回、5番・坂倉の中前適時打、7番・小園の左中間適時三塁打で1点差。しかし、5回以降はゼロ行進が続き、無死一、二塁の好機だった8回もクリーアップが阪神のセットアッパー・湯浅に封じられた。

 投手陣は6回以降、ターリー、松本、矢崎、森浦が無失点リレーを見せるも、救援陣の踏ん張りに打線が応えられず。5回4安打3失点の大瀬良は7敗目(7勝)を喫した。