(C)Getty Images

写真拡大 (全2枚)

(C)Getty Images

 あのはじける笑顔はもう見られないのか。エンゼルス・大谷翔平投手(28)が4日(日本時間5日)本拠地で行われたアスレチックス戦に「2番・指名打者」で先発出場。4試合ぶりの一発となる23号本塁打、さらに24号本塁打を放ち今季5度目の1試合2発のマルチ本塁打でメジャー通算117本塁打とし、日本人歴代2位のイチローに並んだ。

【動画】豪快な23号ソロを放つも、笑顔なき本塁打となった大谷


 初回1死走者なしで迎えた第1打席。アスレチックス先発右腕・ブラックバーンの外角直球を逆方向にはじき返した。打球速度105・7マイル(約170・1キロ)の圧巻の打球にスタンドのファンからは歓声も上がったが、打った本人の表情は硬かった。ダイヤモンドを1周する際にも口を強く引き結び、笑顔を見せることなくベンチに戻った。さらに7回にも24号ソロを放ったが、この際もチームが劣勢とあって笑顔はなかった。

 なかなか「負のスパイラル」から抜け出せない。前夜は投打同時出場で104年ぶりとなる「2桁勝利、2桁本塁打」の記録に3度目の挑戦となったが、6回途中7安打3失点。またも勝利投手にはなれなかった。

 トレード期限を迎え、チームが目指す方向性も明らかになってきた。借金16でプレーオフ争いから脱落する中、先発シンダーガード、抑えのイグレシアス、外野手レギュラーのマーシュといった主力3選手を放出したことで、チームは来季以降の再建を目指す。昨年9月には「ひりひりしたシーズンを送りたい」との発言もあった大谷。この状況は当然、憂いている。

 試合後は「3点取られると今のチームでは厳しい」とした上で、モチベーション維持について聞かれると「難しい」と率直な心情を明かした。

 その上で今後についてはこう語った。

 「まだまだ続いていく野球人生。1試合1試合集中して、どんな状況でもやれることをやりたい」と必死に前を向いた。

 その言葉通り、前日に痛めた右前腕の張りの影響も心配されたが、この日は先発出場し、2発を放ってチームに貢献した。しかし残念ながらこの日もエンゼルスはアスレチックスに7−8と敗れ、「なおエ」状態となった。モチベーション維持も難しい中、苦しい経験を糧として戦っていくしかなさそうだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]