阪神・佐藤輝明 (C) Kyodo News

写真拡大

 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、阪神の佐藤輝明について言及した。

 0−0の2回一死走者なしの第1打席、1ボールから巨人先発・山粼伊織が投じた真ん中のストレートをファウルにすると、谷繁氏は「いま1ボールからインサイドのストレートが甘く入って、真ん中よりだったんですけど、ファウルにしましたよね。これを打てるようになると3割を超えると思うんですよ。ファーストストライク、ツーストライク目のかなり力のあるストレートをファウルするのが多い」と指摘した。

 ただ、谷繁氏は佐藤について「確実に今年の方が、レベルが上がっている」と評価。「それはなぜかというと、自分の打てるボールを振っている。去年は打てないボールまで振っている数があって、そこの違いがある。あとは自分が打てるボールをミスなく打てるようになっていくかが、次の段階だと思うんですよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)