阪神のアデルリン・ロドリゲス (C) Kyodo News

写真拡大

○ 巨人 7 − 0 阪神 ●

<18回戦・東京ドーム>

 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、阪神のロドリゲスについて語った。

 ロドリゲスは0−5の3回の第1打席、巨人先発・山粼伊織の外角変化球をレフトへはじき返す安打を放った。

 谷繁氏は「変化球に弱点はあるんですけど、打てるところはもっているんですよ」とコメント。続けて谷繁氏は「そこからちょっと外されると空振りゾーンになっていく。なので、紙一重なんですよ。レフト前に打ったんですけど、もう少し甘かったらスタンドにいくんですよ」と分析していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)