先発した山伊織(左)と先発マスクを被った大城卓三(右)(C)Kyodo News

写真拡大

○ 巨人 7 − 0 阪神 ●

<18回戦・東京ドーム>

 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、巨人・大城卓三捕手のリードについて語った。

 試合中、実況を担当した煙山光紀アナウンサーが「ここまで大城がいいリードで進めています」と話すと、谷繁氏は「特にそう思ったのが大山の攻めでしたね」と5−0の4回二死一塁から大山を遊ゴロに打ち取った場面を挙げた。

 谷繁氏は「スライダー、スライダーでボール、ボールになったんですよね。そのスライダーに対してのタイミングが合っていると僕は思ったので、気をつけた方がいいですねと言ったら、シュート、シュートでショートゴロに打ち取りましたから」とその理由について説明した。

 その一方で谷繁氏は「あの場面は5−0じゃないですか、あれが0−0のときでも自分が感じたこと、思ったことをあの場所でできるようになってくると、もっと良いんですけどね。もし0−0だったら弱点に近い方を攻めたがるんですよ。無難に2ボールからでもスライダー、スライダーだったかもしれないんですよね」と予想していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)