サウナ好きの医師が教える、サウナがもたらす「意外な効果、効能」

写真拡大 (全2枚)

 近年男女問わずブームになりつつある「サウナ」。

「サウナー」と言う言葉も耳にする機会が増えたように感じます。

そんなサウナですが、医学的にはどのような効果があるのでしょうか。

今回は、自身もサウナ好きと言う、福岡県みやま市工藤内科の院長・工藤孝文先生のYouTubeチャンネル「工藤孝文のかかりつけ医チャンネル」より、サウナの効能そして注意点についてご紹介します。

【関連記事】医者が考える「痛い」病気ワースト5

 工藤先生によると、サウナの効果の一つに、メンタル面への作用があるといいます。

「僕自身でいうと、この歳になって考え事やストレスが増えてくると、メンタル面でもサウナが有効だったと感じています。物凄い暑い中で我慢をすることで、悩むことができない状況になりますし、新陳代謝もよくなるのでむくみも取れます。
サウナに入ることによって、メンタル面も整いますし、体の調子もよくなります。血流が良くなると、様々な臓器に酸素が行き渡ります」

心身共に良い影響があるというこのサウナ。さらにここ最近、工藤先生は、このサウナにおいて、こんな入り方に注目しているという。

「サウナと水風呂を繰り返して入ることですね。これは、水風呂に入った時に、脳からドーパミンが出るんですね。そうすると、長寿遺伝子が活性化されるというデータもあります。
それから、『褐色脂肪細胞』というものが人間にはあります。燃焼系の脂肪なんですが、これって、大人になると、ほとんど活性化しなくなるんです。
水風呂に入ることで、ミトコンドリアも増えますから、何かを食べても脂肪を燃焼しやすくしてくれます。なので、ダイエットにも効果的なんです」

こんな方は注意が必要!

 様々な面において、良い作用をもたらすサウナですが、注意も必要です。

 工藤先生は、特に注意して欲しい方について、このように話しています。

「血管が開いたり閉じたりするので、血管の病気や、動脈硬化のある方、そして透析をされている方は、事前にかかりつけ医に相談してください。やりすぎると命に関わってきますので、サウナと上手に付き合うことを覚えて欲しいですね」

 自身の体調や身体と良く相談しながら、是非心身共に効果的なサウナ、そして水風呂もセットで試してみてくださいね。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

工藤 孝文(くどう・たかふみ)

福岡大学医学部卒業後、アイルランドとオーストラリアへ留学。
現在は福岡県みやま市の工藤内科にて、地域医療を担っている。
糖尿病、東洋医学・漢方治療、ダイエット治療を専門とし、NHK「あさイチ」、日本テレビ「世界一受けたい授業」などメディア出演多数。
日本内科学会・日本東洋医学会、日本肥満学会・日本糖尿病学会・日本高血圧学会・日本抗加齢医学会・日本女性医学学会・小児慢性疾病指定医。