巨人・中田翔 (C)Kyodo News

写真拡大

○ 巨人 7 − 0 阪神 ●

<18回戦・東京ドーム>

 巨人が2回に打者一巡の猛攻で5得点を挙げるなど、8安打7得点で阪神に7−0で勝利した。

 0−0の2回、中田翔、大城卓三、中山礼都、山粼伊織の4者連続適時打などで5点を挙げた。さらに5−0の7回に丸佳浩の第20号ソロ、8回に増田陸の第5号ソロで試合を決めた。

 原辰徳監督は「久しぶりにつながったイニングもありましたし、中押し、ダメ押しという形で点を取れたのは非常に良かったと思いますね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)