女優の小池栄子と芦田愛菜、お笑い芸人の出川哲朗が出演する、ソフトバンク・ワイモバイルの新CM「家族はいいのだ」編が、6日より放送される。

ソフトバンク・ワイモバイルの新CMに出演した出川哲朗

芦田がバカボン、出川がバカボンのパパを演じるCMシリーズの最新作。新たに小池がバカボンのママ役で出演し、縁側での家族団らんのなか、パパ(出川)がママ(小池)の豪快な愛情表現によって吹っ飛ばされたり、タライを落とされたりと散々な目に遭ってしまう。CM楽曲はバンド・never young beachの安部勇磨が歌唱、ナレーションは声優の日高のり子が担当する。

バカボンのママとして、同CMシリーズに初参加した小池。出川を突き飛ばすシーンの撮影では、気合いのあまり叩く勢いが強すぎてしまい、出川役のスタントマンに「痛くないですか? 大丈夫ですか?」と声をかけて笑いを誘う。カット数の多い撮影だったが、堂々とした演技でスムーズに終了。それを聞いた小池は「やったぜー!」と声を上げ、現場を盛り上げた。

一方で、出川は監督からアドリブを要求されると「本気の芝居やっちゃってもいいんですか……?」と自信を見せ、本番ではアドリブ連発で熱の入った芝居を披露した。また、今回の撮影ではワイヤーアクションにも挑戦。「芸能界で一番ワイヤーアクションをやってきた」と豪語する出川は、言葉の通り本番で見事なリアクションと着地を決め、現場では拍手が沸き起こっていた。