画像は、小倉優子のInstagram(@ogura_yuko_0826)より

写真拡大

 また花の写真か……。7月27日、タレントの小倉優子が2018年末に再婚した夫との離婚をInstagramで発表した。そこに添えられていたのは、ピンクの花の写真だ。筆者はライターとして芸能ニュースに携わって約10年。「芸能人はInstagramで離婚発表をするとき、空か植物の写真をアップしがち」という印象がある。

 この実感は、はたして正しいものなのか? 令和になって以降の主な離婚発表をチェックするうちに、そこに添えられる画像のパターンが見えてきた。

◆空の写真

モデル・真山景子

 2021年1月、元俳優・北村栄基と離婚したことを報告。「結婚生活を送りました9年間、家族として栄基さんと過ごした時間は、とてもかけがえのない時間でした」と元夫への感謝をつづり、うっすらと虹がかかった青空の写真をアップしている。

女優・長谷川京子

 2021年10月、ポルノグラフィティのギタリスト・新藤晴一との離婚を所属事務所を通じて発表。その後、長谷川は「突然のお知らせに驚かれたと思います」とInstagramを更新。こちらの写真は、日の出を写したものか、日の入りを写したものか。なんにせよ情感たっぷりの1枚だ。

タレント・あびる優

 2019年12月、格闘家の才賀紀左衛門との離婚を報告。元夫婦がその後繰り広げる“親権闘争”のことを思うと、海と太陽のエモーショナルな写真を見ても、複雑な感情が湧くばかりだ。

 “空の写真”と一口に言っても、青空と朝焼け、夕焼けと種類が分かれる。青空は晴れ晴れとした気持ち、朝焼けは再スタートへの思い、夕焼けは結婚生活が終わる切なさの表れか……?

◆植物の写真

モデル・森絵里香

 今年4月、2015年に結婚した一般男性との離婚を報告。「これからは新たな人生に向き合い、自分らしく進んでいけたらと思っております」として、木々の間から見上げた青空の写真をアップしている。空×植物のあわせ技ショットだ。

モデル・中林美和

 2020年11月、ヒップホップアーティストのZeebraとの離婚を報告。紅葉に光が差し込んでおり、こちらも空×植物だ。

モデル・出岡美咲

 2021年4月、2019年11月に結婚した一般男性と翌年8月にスピード離婚していたことを報告。「結婚の際にお祝いの言葉をくれた皆んなに 改めて申し訳ない気持ちと 感謝の気持ちが入り混じってどうお伝えすれば良いのか すごくすごく 悩みました」というコメントと、華やかなバラの写真に落差を感じなくもない。ちなみに白バラは「純粋な愛」などの花言葉を持ち、結婚式でも定番の花だ。そのチョイスでいいのだろうか。

◆メッセージを画像で公開

女優・吉瀬美智子

 2021年4月、2010年12月に結婚した一般男性との離婚を報告。「話し合った結果、今後は別々の道を歩んでいく結論に至りました」というメッセージを画像で公開した。

女優・入山法子

 2020年末、THE BACK HORNのベーシスト・岡峰光舟との離婚を報告。こちらも吉瀬と同様に、「前向きな決断です」というメッセージを画像で公開している。

 空や植物の写真を添えるのが自分の感情を表すための演出だとすれば、“メッセージを画像で公開”というのは、プライベートの話題は最低限にして、余計に踏み込ませないための選択なのかもしれない。

◆子どもの写真

モデル・道端アンジェリカ

 2021年11月、2017年に結婚した一般男性との離婚が成立したことを報告。息子たちを抱いて微笑む自身の写真とともに「これからも愛する息子2人の幸せを一番に考え、お仕事への努力も惜しまず頑張ってまいります」とコメントしている。特に今後シングルで子どもを育てる場合は、“子どもの写真で離婚報告”というのも定番なのかも。