スポニチ

写真拡大

 3日の園田4R・C3二3歳以上はウチュウセンカン(セン6=諏訪、父タニノギムレット)が勝利。注目を集めたチキウボウエイグン(牡4=柏原、父ヴィクトワールピサ)との“宇宙戦艦ヤマト対決”を制した。

 レースは中団待機のチキウボウエイグンは勝負どころで進出したものの、直線に向くと失速。これを横目に後方から運んだウチュウセンカンが差し切って勝利。チキウボウエイグンは5着に終わった。

 チキウボウエイグン(地球防衛軍)はアニメ「宇宙戦艦ヤマト」に登場する架空の軍隊とあって、レース前から話題に。実況アナウンサーも「地球防衛軍が襲いかかってきた!」「宇宙戦艦が飛んできた!」と機転の利いた実況でレースを盛り上げた。また、ネット上でも「本当にこれ競馬の実況かよwwww」「【悲報】地球防衛軍、宇宙戦艦に敗北」「園田競馬場で宇宙戦艦と地球防衛軍による地球の存亡を賭けた戦い」などの声が上がっていた。