ここが違う。彼氏から「大事にされる女」と「雑に扱われる女」の差

写真拡大


交際中の男性から「雑に扱われているかも」と感じることはありませんか? そこで今回は、彼氏から「大事にされる女性」と「雑に扱われる女性」の違いを説明します。

|尽くしすぎる


人に対して気配りができる女性は必然的に相手から「大切にしたい」と思ってもらえる人が多いでしょう。でも、尽くすタイプの女性は、つい自分本位に男性の世話をしたくなります。それが男性にとっては「お節介」になり、一緒にいると窮屈な存在と思われるかもしれません。

|意思がはっきりしない


自分の意思がはっきりとした女性は、男性からするとデートにも誘いやすい存在です。逆に、意思がはっきりしない女性は、デートで「どこ行く?」と聞かれても「どこでもいい」と応えることが多いでしょう。そう言われると男性は誘う気が失せてしまうため、約束を後回しにしがちです。

|自分のこと優先で考える


相手の気持ちを大切にする女性は、相手からも大切にされるでしょう。逆に自分のことばかり考えている女性は視野が狭く、相手の気持ちを考える余裕がなくなります。なにがあっても、つい相手のせいにして「自分は悪くない」と自分を正当化することも…。ですので、男性も距離を空けたくなります。

|だらしない


身だしなみを整えている女性は、服装や持ち物をきれいに手入れしています。物を大切に扱っていると、人との付き合いも大切にできるでしょう。逆に服が汚れていたり綻びていたりすると、物を大切にしていない印象を与えてしまい、男性からも「雑な女」というイメージを持たれてしまいます。

大切に思われる女性は、思いやりがあり、自分以上に相手のことを大切にしているのが特徴。交際中の男性から大切に思ってもらうためにも、まずは自分から人や物を大切にするように心がけてくださいね。