港区女子VSギャルが互いの意見をぶつける!アルピー平子は「1回会って喧嘩する?」

写真拡大

平子祐希(アルコ&ピース)がMCを務める月曜PLUS『ギャルフェス』(フジテレビ系、毎週月曜24:25〜)が8月1日に放送。 スタジオに集まるギャルと“港区女子”の対決を特集した。

同番組は、日本全国のギャルインフルエンサーを集め、さまざまなトークテーマからギャルの生態を観察していくトークバラエティ。スタジオには雑誌「egg」や「nuts」のモデルで現在第一線で活躍するカリスマギャル総勢10人が集結する。ゲストには現役の港区女子である大島麻衣が登場した。

“港区女子”について「男に縋って生きてる女」「人として恥ずかしい」など敵対心をあらわにするギャルたち。そんなギャルが港区女子のトークVTRを見ることに。集まったのは、500人ほどが在籍している“ギャラ飲み”LINEグループに入っている3人。そのLINEには毎日「今夜24時〜、◯◯バー、ギャラ5,000円/h」といったお知らせがあり、彼女たちは週に4〜6回参加しているという。

飲み会では「1時間1万円って聞いていたけど、おじさんが楽しくなっちゃってボンボン1万円を挟んでくる」といった神回が存在することも明かされた。金欲にまみれた彼女たちのVTRに、ギャルたちは「胸糞わりぃ」「イライラした」とバッサリ。「男性の前では絶対言わないですもんね」と、お金目当てで男性を持ち上げる港区女子に苛立ちをあらわにする。

一方で、港区女子から見たギャルのイメージを語る一幕も。彼女たち自身にギャルの友人が多いため、マインドが近く「マインドギャルです」と述べた際には、スタジオにいる全員が拒否反応。特にみりちゃむは「こういうのをエセギャルって言うんですよ!」と怒りをぶつける。そんな彼女たちに平子は「1回会って喧嘩する?」と問いかけ、空気を和ませていた。

次回は8月8日、「涙腺崩壊!感謝を伝えたい人SP」が放送される。