Appleが2022年第2四半期(4月〜6月)の5G通信対応スマートフォン市場において、シェアトップの座を維持したことがわかりました。
 
市場は寡占化が進んでおり、上位3メーカーで全体の2/3以上のシェアを占めています。

30%近いシェアを獲得したApple

調査会社のStrategy Analyticsは、2022年第2四半期の5G通信対応スマートフォン市場においてAppleがシェアトップの座を維持したと発表しました。
 

 
Appleは以前からこの市場で高いシェアを誇っていましたが、さらにシェアを伸ばして29.3%と30%近いシェアを獲得しています。
 
2022年後半はiPhone14シリーズの発売でさらにシェアを伸ばす可能性があるでしょう。

市場の寡占化が進む

市場全体としてはAppleと2位のSamsung(19.2%)、3位のXiaomi(15.8%)をあわせると、トップ3で全体の2/3以上のシェアを占めました
 
これら3メーカーの合計シェアは1年前は60%未満であり、市場の寡占化が進んでいます。
 
また、Xiaomiは中国市場の低迷の影響でシェアを落とした一方、Samsungは大きくシェアを伸ばしました。

 
 
Source: Strategy Analytics
Photo: Pixabay
(ハウザー)