象印マホービンは、「毎日の料理がもっと楽しみになる。」というコンセプトの小型ホットプレート製品「デイリーコンパクトプレート(EX-AJ30型)」を9月1日に発売する。価格はオープン、推定市場価格は22,000円前後。

デイリーコンパクトプレート(EX-AJ30型)

インテリアにもなじむデザインを採用し、置き場所に困らないコンパクトなサイズ感に仕上げたホットプレート。付属するアルミダイキャストのフタを使用して、焼き物だけでなく無水調理を楽しめる点が特徴だ。

このフタはプレート内の気密性を高めるほか、フタ裏面のリブ構造によって食材から蒸発した水分をプレート全体にしずくとして戻す。少ない水分で調理できるため、食材本来のうまみと栄養が凝縮された料理を楽しめるとしている。

朝・昼・晩のシーンに合わせて毎日の料理に活躍できるよう、3種類のプレートを付属した。「深なべ(プレート)」は5.5cmの深さ。鍋料理や煮込み料理など、幅広い調理に対応する。満水容量は3.1L。

「平面プレート」には、3層構造の傷つきにくい「遠赤トリプルチタンセラミックコート」を採用。金属ヘラも使える丈夫さを持つ。プレート表面は凹凸のダイヤカットディンプル仕上げとなっており、油なじみがよく、こげつきにい。

関西に本社を置くメーカーとしてこだわったという「たこ焼きプレート」は、直径40mmのたこ焼き×24個を焼ける。穴からあふれた材料も丸めて作りやすいよう、区切り線を付けた。

ふか鍋(プレート)の調理イメージ(ミルフィーユ鍋)

平面プレートの調理イメージ(パエリア)

たこ焼きプレートの調理イメージ(キッシュ)

本体の「波型3往復ヒーター」は、プレート側面から四隅までしっかり熱を伝え、焼きムラを抑える。たこ焼きプレートを使うときも、四隅のたこ焼きもしっかり焼き上げるとしている。「火力調節ダイヤル」によって、WARM、LOW、MED、HIの4段階に調節可能。

プレートのふちには、直接手が触れにくい「本体ガード」を設けた。本体ガードは取り外して水で洗える。

本体ガードは水洗い可能

本体サイズは、深なべ使用時で幅35.5×奥行き26×高さ17.5cm、平面プレート使用時で幅34×奥行き25.5×高さ15cm、たこ焼きプレート使用時で幅34×奥行き25.5×高さ15cm、3枚重ね時で幅35.5×奥行き26×高さ20.5cm。3枚重ね時の重さは約6kg。電源コード長は約2.5m、消費電力は1,200W。