※画像はイメージです/PIXTA

写真拡大

株式をはじめ金融資産へ投資をおこなう場合、「時間を味方につける」という観点から、短期売買よりも中長期での投資が推奨されます。しかし、日本株、とくに日本の大企業の個別株については、中長期投資よりも短期売買のほうが向いていると、株式会社ソーシャルインベストメントの川合一啓氏はいいます。それはなぜなのか、みていきましょう。

「トレード」と「株式投資」の違い

あなたはトレードと株式投資の違いを説明することができますか? 似たようなイメージがあるかもしれませんが、目的が大きく異なっています。

「株式投資」は、主に配当金や長期的な値上がりを目的とした投資です。一方、「トレード」は短期的な価格変動によって得られる差益を目的としています。

簡単にいうと、10年・20年単位で企業の成長を見届けるのが株式投資で、1日・2日の株価の推移だけに注目するのがトレードです。

日本の大企業の個別株は、株式投資よりもトレード目的のほうが効率よく稼げます。いったいどうしてでしょうか。

日本株は「短期の価格変動が読みやすい」

日本の大企業の個別株がトレードに向いている最大の理由は「短期的に価格がレンジ状態になる傾向が強い」からです。

基本的に配当金目当てに投資する場合、投資する株が右肩上がりの株価を維持している企業に投資することが望ましいでしょう。こうすることで、保有株式自体の価値が上がるに加えて、毎年配当金を得ることができます。この条件にあてはまるアメリカ株は、高配当株投資を行う多くの人に人気があります。

一方、日本の大企業の個別株は株価がレンジ状態に収束している企業が多くを占めています。つまり、右肩上がりの株価を維持している企業が少ないため、配当金目的の株式投資には向いていないといえます。

また、短期的に価格がレンジ状態になりやすいということは「短期の価格変動が読みやすい」ということを意味します。テクニカル分析に精通したプロトレーダーであれば、日本株のトレードは大きく損をすることなく利益を狙うことができると知っているはずです。

価格変動が読みやすい日本株は、トレードによってリスク以上の利益を得ることを可能にするのです。

成熟した大企業が多い日本…その株は「多くの人」がもっている

日本株の価格変動が読みやすい背景には、「成熟した大企業が多い」という点が挙げられます。

日本の大企業の多くは財政が安定しており、大きなリスクを取らなくても経営を維持できる強い経済的基盤があります。経済規模が大きい大企業は、発行している株式も中小企業と比にならないほど多く、日本経済の重要指数である日経平均株価も、多くの大企業の株価推移が影響をおよぼしているといえます。

ここで重要なポイントは「多くの人が大企業の株式を保有している」ということです。一部の少数派しか保有していない場合、まれに一方的な大きな価格変動が起きることがあります。その場合、テクニカル分析も機能せず、運任せな相場になり、合理的なトレードを行うことができません。

しかし、株式発行数が多い日本の成熟した大企業には低価格帯に買いオーダー、高価格帯に売りオーダーが一定数入っているため、そのような一方向への値動きをする可能性はあまりありません。

このように、大きなリスクを取らなくても経営していける安心感が、日本の大企業の個別株の短期的な値動きをレンジ状態にしているといえます。前述のように、値動きがレンジ状態になりやすいということは価格変動が読みやすく、テクニカル分析さえ抑えておけば最小限のリスクで利益を積み上げられる可能性が高いでしょう。

日本株トレードはテクニカル分析のいい練習の場になる

比較的素直な値動きをする大企業株は、株式トレード初心者のテクニカル分析のいい練習場になります。日本の企業とあって情報収集もしやすく、多くの初心者トレーダーが日本株を選んでいます。

しかし多くの初心者トレーダーは、自分なら勝てると盲信して次第に疲弊していきます。

せっかくトレードに向いている日本株市場に参入したのにも関わらず、利益を積み上げられないまま退場してしまうのは非常に惜しいことです。初心者トレーダーはまず成熟した日本の株式市場でテクニカル分析を学習し、実践して経験を積みましょう。テクニカル分析は日本株のトレードだけにとどまらず、多くの投資で役に立ちます。

日本にいるというメリットを存分に活かして、初心者トレーダーからプロトレーダーへの道を切り拓きましょう。

株式会社ソーシャルインベストメント 取締役CTO

川合 一啓