アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone14シリーズのリア広角カメラのレンズ供給元に関する情報を、Twitterに投稿しました。

中国Sunny Opticalが主要サプライヤーに

クオ氏によれば、iPhone14シリーズのリア広角カメラには7P(7枚構成のプラスチックレンズ)が搭載され、中国Sunny Optical(舜宇光学)が最多数を供給するとのことです。
 
クオ氏は、Sunny Opticalの供給比率はGenius Electronic Optical(GSEO:玉晶光)やLargan Precision(大立光)よりも多く、市場の認識を上回っていると述べています。
 

Sunny Optical躍進の要因は?

Sunny Opticalが供給するのは、iPhone14シリーズ全モデルのリア広角カメラ用7Pレンズで、Proシリーズの50%〜60%、ベースモデルの55%〜65%に同社製レンズが搭載される見通しです。
 
リア広角カメラ用7Pレンズの残りの分は、GSEOとLargan Precisionがほぼ同じ比率で供給すると、クオ氏は伝えています。
 
Sunny Opticalの受注増には、生産規模の拡大によるコスト削減、卸価格の値下げが効果的だったようです。
 
同社は2023年モデルのiPhone15シリーズにおいて、LiDAR用レンズ供給を開始する可能性があると、クオ氏は予想しています。
 
 
Source:medium
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)