中村倫也“羽男”、“ファスト動画”大学生の弁護に奔走「罪深さを突きつけられた」の声

写真拡大

有村架純と中村倫也がW主演を務める金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』(TBS系、毎週金曜22:00〜)の第3話が、7月29日に放送。“ファスト動画”を投稿した大学生の弁護を羽根岡佳男(羽男/中村倫也)が行い、ネット上では「罪深さを突きつけられた」との声があがっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、有村演じる4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・石田硝子(石子/有村架純)と、中村演じる1回で司法試験予備試験と司法試験に合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男(羽男)の“石羽コンビ”が、誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む異色のリーガル・エンターテインメント。

今回は、羽男の元に「国選弁護」の依頼が舞い込む(※国選弁護=資金不足などが理由で弁護士を雇えない人に対して国が弁護人を立てる制度)。依頼がきたのは、映画を短くし、結論まで見せる形で編集した“ファスト映画”を動画サイトに無断でアップロードして逮捕されたという大学生・山田遼平(井之脇海)の弁護だった。

羽男は山田の元に訪れ「不安もおありでしょうが、信頼関係を築いて参りましょう」とガッツポーズ。状況を整理し、山田に対し「現在アカウントも凍結されて、ご自身も逮捕されて後悔してらっしゃると思うんですが」と言うと、山田は「え、なんで? ファスト動画の何が問題なんですか? 僕の動画を見た人は『映画が好きになった』と言ってくれるんです」と返答。

第一回公判で開き直った態度を見せた山田のニュースを見た人たちが、名前が似ている映画監督の山田恭兵(でんでん)がファスト映画を投稿したと勘違い。山田監督はネット上で叩かれてしまう。そんな最悪のタイミングで、山田監督の最新作が公開される。

大庭蒼生(赤楚衛二)は石子に「明日からなんです。(山田)監督の新作」「レイトショーもあるんですよ」と恥ずかしそうに伝えると、石子から「お誘い……ですか?」と、一緒に見に行くことに。その後、石子は山田監督に会いに行って話をするが……。

SNS上では今回の題材である“ファスト映画”に関して「罪深さを突きつけられた……」「映画好きには身近に感じる話だった」とのコメントが。また大庭が石子を映画に誘うシーンに「顔が赤くなってて可愛かった」「恥ずかしそうに照れてる姿にキュンとした」との声があがっていた。

次回は8月5日に放送される。羽男は電動キックボードによる衝突事故の弁護を担当し、姉で検事の羽根岡優乃(MEGUMI)と争う。